デッキ紹介

【白赤・履修入り】ウィノータに全てを賭けてみるデッキ【スタンダード2021】

樹上の草食獣
樹上の草食獣
ついにウィノ―タガチャに手を染めた!!

インポート用データ

平均マナ・コストは2.7とやや重め。土地は20枚採用(ヴァラクートの覚醒を入れれば24枚)しています。

デッキ
4 軍団のまとめ役、ウィノータ (IKO) 216
4 針縁の小道 (ZNR) 263
5 山 (STX) 373
4 象徴学の教授 (STX) 24
3 刃の歴史家 (STX) 165
3 歴戦の神聖刃 (M21) 34
4 砕骨の巨人 (ELD) 115
4 怒静の交錯 (STX) 266
7 平地 (STX) 367
4 無私の救助犬 (M21) 36
2 スカイクレイブの亡霊 (ZNR) 39
3 命の恵みのアルセイド (THB) 1
2 帰還した王、ケンリス (ELD) 303
4 火の予言 (IKO) 116
3 戦利品奪取 (KHM) 149
4 ヴァラクートの覚醒 (ZNR) 174

サイドボード
2 ご破算 (STX) 114
1 記憶留出法 (STX) 25
2 環境科学 (STX) 1
2 スピリット召喚学 (STX) 236

キーカード:ウィノータと仲間たち

軍団のまとめ役、ウィノータ

一時期は(裏切りの工作員などの)凶悪コンボで悪評がありましたが、ウィノータ自身は禁止カードになることなく現環境に収まっています。

能力は以下↓

要するにガチャです。

あなたがコントロールしていて人間でないクリーチャーが1体攻撃するたび、あなたのライブラリーの一番上からカードを6枚見る。あなたはその中から人間・クリーチャー・カード1枚をタップ状態で攻撃している状態で戦場に出してもよい。ターン終了時まで、それは破壊不能を得る。残りのカードをあなたのライブラリーの一番下に無作為の順番で置く。

人間以外のクリーチャーはそこそこ採用しているので、ガチャの発生頻度(ひんど)はまあ合格点としておきます。

特に戦場に出したいクリーチャー・カード(人間)はこちらのになりますね。

刃の歴史家

あなたがコントロールしているすべての攻撃クリーチャーは二段攻撃を持つ。

帰還した王、ケンリス

(赤):ターン終了時まで、すべてのクリーチャーはトランプルと速攻を得る。
(1)(緑):クリーチャー1体を対象とし、それの上に+1/+1カウンターを1個置く。
(2)(白):プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーは5点のライフを得る。
(3)(青):プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーはカードを1枚引く。
(4)(黒):墓地からクリーチャー・カード1枚を対象とし、それをオーナーのコントロール下で戦場に出す。

赤マナの起動型能力が優秀です。

刃の歴史家と併(あわ)せれば、全ての攻撃クリーチャーに擬似的にエンバレスの宝剣を付与するような感じになります(+1/+1修整はしないですが)。

参考↓

ウィノータ・ガチャのサポートカード

ヴァラクートの覚醒

あなたの手札から望む数のカードをあなたのライブラリーの一番下に置き、その後その枚数に1を足した枚数のカードを引く。

両面カードで、土地として置くこともできます(いわゆるタップイン土地、タップ状態で場に出る赤マナ土地です)。

ウィノータが手札にないとはっきり言ってこのデッキ、どうしようもないために手札入れ替えカードを多めに採用しています。

象徴学の教授

象徴学の教授が戦場に出たとき、履修を行う。(あなたは、ゲームの外部からあなたがオーナーである講義・カード1枚を公開しあなたの手札に加えるか、カード1枚を捨てカード1枚を引くか、どちらかを行ってもよい。)

履修持ちで、人間以外のクリーチャーです。

入れておくとけっこう安定しますね。

火の予言

クリーチャー1体を対象とする。火の予言はそれに3点のダメージを与える。あなたはあなたの手札からカード1枚をあなたのライブラリーの一番下に置いてもよい。そうしたなら、カードを1枚引く。

戦利品奪取

この呪文を唱えるための追加コストとして、カード1枚を捨てる。
カード2枚を引き宝物トークン1つを生成する。(それは、「(タップ),このアーティファクトを生け贄に捧げる:好きな色1色のマナ1点を加える。」を持つアーティファクトである。)

手札交換とマナ加速が同時に行える有能カードです。

追加コスト以外に赤の3マナが(唱えるために)かかり、やや重めの呪文。

まとめ:ガチャが回れば勝てる

ガチャ(ウィノータの能力)が回れば勝てる(2回目)。

これに尽きます。

最速で自分の4ターン目に出せなくもないですが、それまでに相手が何をしてくるかを見極めるのが重要そうですね(見極めたところで勝てないときは勝てませんが。苦い!!)。

ありがとうございました!!

ABOUT ME
書い人(かいと)
MTGアリーナの最前線を駆け抜けている管理人です。 強いデッキをたくさん作る予定ですので、よろしくお願いします!