デッキ紹介

【白赤】万能型デッキ現る!? 『白と赤の騎士の連続攻撃』デッキ

樹上の草食獣
樹上の草食獣
ちょっとカードを入れ替えるだけで、かなりタイプが変わるデッキ、その1形態を紹介するぞ!!

デッキの概要

白騎士または赤騎士、そして白赤マナの騎士を主軸に据(す)えたデッキになります。

クリーチャーのタイプはカードの能力によって生成されるトークンを除き、全て騎士(を含むもの)になります!

キーカード 栄光の好機(と、反応+反正)

栄光の好機は自軍のクリーチャーに破壊不能(次のターン以降も持続します)を付与し、連続で自分のターンが来ます

しかも赤・白・不特定の計たった3マナで唱えられる!

ただし、連続のターンの終わりに相手プレイヤーを倒せなかった場合は、自動でこちらの敗北が確定する、リスキーなカード。

このカードの発動後の次のターンにもう1度このカードを発動しても、3ターン連続で……、とはなりませんので、ご注意を。

反応+反正はいわゆる分割カードです。

反応部分は、白または赤の2マナで唱えられ、攻撃クリーチャーまたはブロック中のクリーチャーに文字通り『反応』してそれに5点のダメージを与えます。

それでも序~中盤では有効ですが、一番大きいのは白赤5マナで唱えられる反正の部分です。

自軍のクリーチャーに先制攻撃と警戒を与え、戦闘フェイズを追加で2回行います。

警戒(攻撃に参加してもタップしない)付与で、再度攻撃が可能になるわけです。

先制攻撃で、一方的に相手クリーチャーを撃破できる場合もありますね。

反正はソーサリーなので、戦闘前に唱える必要があります。

そこだけはご注意を。

騎士クリーチャーズ

細かい部分はインポート用データを参照してもらうとして、特に重要なカードについて解説します。

立派な騎士は、白の2マナで、ステータスは2/2と十分。

能力も持っており、騎士・呪文(クリーチャー)を唱えるたびに白の1/1人間・クリーチャー・トークンを1体生成します。

クリーチャーが騎士しかいないこのデッキでの強さは言うまでもありません。

できるだけ序盤に最優先で、できれば複数体出したいクリーチャーです。

鼓舞する古参は白と赤1マナずつの計2マナで唱えられる2/2の騎士で、こちらは他の騎士に+1/+1の修整を受けさせます。

騎士が並ぶこのデッキでは当然ながら強いです。

評判高い挑戦者は白の3マナ、3/3の騎士です。

戦場に出たとき、デッキ(ライブラリー、山札)の上から5枚カードを見て、騎士かオーラか装備品か伝説のアーティファクトのカードがあった場合は、それ1枚を公開して手札に加えることができます(残りのカードはライブラリーの一番下に無作為の順番で置きます)。

このカードでは単純な手札増強になりますので、4枚積みにしています。

その他、有用なカード

勇敢な者の鎚鉾(注:探しても、英語版の画像しかありませんでした。ブロールというイベントか、ワイルドカードによる生成でしか手に入らないカードのようです)は、白の3マナで、装備にも3マナかかりますが、このカードが戦場に出てから自軍クリーチャーが戦場に出るたびに、蓄積カウンターというのを1個置きます。

装備しているクリーチャーは蓄積カウンターの個数分、パワー・タフネスがプラス修整(ステータス強化)され、さらに警戒が付与されます。

ややマナ・コストが重いため(装備も含めて計6マナ。熱烈な勇者に装備させる場合は0マナで装備可能)、採用は2枚までとしました。

おなじみ(?)エンバレスの宝剣は説明不要の強さ。

最初に似たような(コピー元の)デッキ、対戦相手がフィニッシャー・カードとして使ってきたので、そのままこちらのデッキでも2枚採用しました。

詳しくはこちらの記事(『エルドレインの王権』パックの神話レア、アーティファクトサイクルについての紹介)を参照してください。

サイドボード

馬上槍試合は、赤の2マナで格闘を行わせるソーサリーです。

騎士の場合は、+2/+1の修整を受けられます。

面倒なクリーチャーを除去しやすい、扱いやすいカードですね。

祖先の象徴紋章旗は、それぞれクリーチャータイプまたは色1色のクリーチャーのステータスに微弱なサイズアップをして、それぞれの能力を発動するアーティファクトです。

特に祖先の象徴は、3マナを支払う+タップでライブラリーの上から3枚見て、自分が選んだ(指定した)クリーチャー・タイプのカードがあった場合、手札に加えることができます。

紋章旗は、選んだマナの色をタップで生み出すようになります。

おまけ デッキ組み換え案

組み換え案1 『ボロス騎士軍デッキ』

白赤(いわゆるボロス軍)のクリーチャーだけを採用し、ギルドパクトの秘本を採用するのも良いかもしれません。

場に出すには不特定(色がなんでもいい)の5マナかかりますが、多色の呪文を唱えるたびに、手札を増強・ハンドアドバンテージを得られます。

たまに出せたら良いな、くらいで控えめに採用するのもアリかと思います。

組み換え案2 低マナ帯『白黒赤騎士デッキ』

低マナコストで召喚できる、熱烈な勇者や、漆黒軍の騎士立派な騎士などを採用し、クリーチャーの大量召喚に、トークンも大量に生成して盤面を圧倒します。

試合場も当然採用ですね。

前述した、勇敢な者の鎚鉾もフル投入し、あとは多色土地も入れましょう。

インポート用データ

平均マナ・コストは2.6になります。

デッキ
4 試合場 (ELD) 248
4 鼓舞する古参 (ELD) 194
11 平地 (ELD) 253
11 山 (ELD) 265
2 空騎士の軍団兵 (GRN) 198
4 空騎士の先兵 (M20) 218
2 栄光の好機 (GRN) 159
2 反応 // 反正 (GRN) 229
2 エンバレスの宝剣 (ELD) 120
4 熱烈な勇者 (ELD) 124
4 立派な騎士 (ELD) 36
2 勇敢な者の鎚鉾 (ELD) 314
4 評判高い挑戦者 (ELD) 1
4 尊い騎士 (ELD) 35

サイドボード
3 真火の隊長 (GRN) 209
4 馬上槍試合 (ELD) 129
4 紋章旗 (ELD) 222
4 祖先の象徴 (M20) 229

ありがとうございました!

ABOUT ME
書い人(かいと)
書い人(かいと)
MTGアリーナの最前線を駆け抜けている管理人です。 強いデッキをたくさん作る予定ですので、よろしくお願いします!