デッキ紹介

【黒単】生け贄を捧げて勝利せよ!『戦慄のアヤーラ』デッキ

樹上の草食獣
樹上の草食獣
クリーチャーを生け贄に捧げて勝ち筋を見つけるデッキだぞ。

デッキの概要

ロークスワインの元首、アヤーラ忘れられた神々の僧侶などを主軸とした生け贄(サクリファイス)デッキです。

チクチクとダメージを蓄積させて、最終的に相手ライフを0にすることを目標としています。

いずれも他のクリーチャーを生け贄に捧げることで能力を発揮します。

アヤ―ラは本人を含む黒のクリーチャーが出るたびにライフドレインを行え(また、それとは別にタップ&追加の生け贄で1枚ドローできます)、僧侶は2体の生け贄が必要ですが、強力な能力を発動できます。

アヤーラは伝説(場に1体までしか出せない、というか残せない)のクリーチャーですので、2体目を出そうとする際は注意してください(出せないわけではありませんが、2点のダメージが相手に飛ぶ程度で、トドメ以外にあまり意味はありません)。

自己再生的なクリーチャーなどを多めに採用しており、上手くクリーチャーを循環させることで相手に毎ターンダメージ、こちらはアドバンテージを稼ぐことができます。

厳格な者、コンラッド卿は、クリーチャーの死亡や、クリーチャーが墓地から移動するなどにより相手(各対戦相手)のライフにダメージ(1点)を与えます。

クリーチャーが簡単に生け贄、そして復活できるこのデッキでは重要なバーン(ダメージ)源となります。

計5マナと重いので、コンラッド卿は3枚のみ採用しました。

戦慄衆の侵略は毎ターン自分が1点のライフを失いますが、代わりに動員1(ゾンビ・軍団・クリーチャー・トークンを1/1の状態で場に出す)を行うエンチャント・カードです。

すでにこのゾンビ・トークンが居る場合は複数体並ばず、+1/+1カウンターがすでに居るゾンビ・トークンの上に載ります。

パワーが6以上のゾンビトークンに絆魂(相手に与えたダメージ分、自分のライフを回復する)を付与する強力な能力はありますが、それはこのデッキではあまり活用できません。

ゾンビ・トークンは毎ターン、生け贄要員として使いましょう。

大釜の使い魔は戦場出るたびにライフドレインを行え、食物を生け贄にすれば墓地からまた呼び出せるクリーチャー。

魔女のかまどは、このカードをタップしてクリーチャーを1体生け贄に捧げることで食物トークンを1つ生成します。

鋭い方ならすぐにピンと来る組み合わせかもしれませんが(プレイヤーならすでに知っている可能性も高そうですね)、ええそうです。

毎ターン、この2枚のカードがあればライフドレイン・コンボが行えるわけです。

アヤ―ラコンラッド卿がいれば、さらにダメージの増加が見込めます。

サイドボード

サイドボードには、どうしても相手クリーチャーが多いとき用の除去カードなどを採用しています(記事下部のインポート用データを参照してください)。

悪ふざけの名人、ランクルはプレイヤーに戦闘ダメージを与えるたびに最大3種類の能力を発動します。

1枚しか持っていなかったので(神話レアワイルドカードによる複製もせず)、サイドボードには1枚しか入れていませんが、好みで枚数は調整してください。

除去カード以外では真夜中の死神がありますね。

自軍のトークン以外のクリーチャーが1体死亡するたびに、自分に1点のダメージを与え、山札からカードを1枚ドローできます。

ドローソースとしては有用ですが、クリーチャーが死ぬたびに毎回ライフが減るので、自爆には十分気をつけて戦場に出すかを決めましょう。

個人的にはメインに入れている骨への血3枚と交換しても強そうでした。

インポート用データ

平均マナ・コストは2.1です。

軽めですが、マナの消費は多いので、沼は23枚投入しています。

デッキ
3 戦慄衆の侵略 (WAR) 86
4 療養所の骸骨 (M20) 112
3 厳格な者、コンラッド卿 (ELD) 107
23 沼 (M20) 272
4 ロークスワインの元首、アヤーラ (ELD) 75
4 ラゾテプの肉裂き (WAR) 96
4 どぶ骨 (RNA) 76
3 骨への血 (M20) 89
4 魔女のかまど (ELD) 237
4 大釜の使い魔 (ELD) 81
4 忘れられた神々の僧侶 (RNA) 83

サイドボード
2 疫病造り師 (GRN) 82
4 残忍な騎士 (ELD) 97
4 真夜中の死神 (GRN) 77
1 悪ふざけの名人、ランクル (ELD) 101
4 パイ包み (ELD) 76

ちなみにデッキ(紹介)11まではURLにdeck-11などと番号を振っていたのですが、今回忘れてしまい、今後も面倒だなと思ってやめることにしました。

ありがとうございました!

ABOUT ME
書い人(かいと)
書い人(かいと)
MTGアリーナの最前線を駆け抜けている管理人です。 強いデッキをたくさん作る予定ですので、よろしくお願いします!

POSTED COMMENT

  1. […] 『戦慄のアヤーラ』デッキで応用例も書いたので、そちらも参考にしてください。 […]

  2. […] 【黒単】生け贄を捧げて勝利せよ!『戦慄のアヤーラ』デッキで大きく取り上げたカードです。 […]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です