カード紹介

【カード紹介】手札事故の解消に役立つカードまとめ【黒と青のカード】

樹上の草食獣
樹上の草食獣
右手が光らなくても、着実に勝ちをさらっていこう!!

ちなみに手札事故とは初期手札などがマナカーブに沿っていなかったり、序盤に扱いづらい高マナコストのカードばかりがある、などの状況を指します(厳密にすると細かくなりすぎそうなので、このくらいで)。

『探す(サーチ)』カード(黒マナ2枚)

願い爪のタリスマンは、願いカウンターが3個置かれた状態で戦場に出る。

1マナ,タップ, 願い爪のタリスマンの上から願いカウンターを1個取り除く:あなたのライブラリーからカード1枚を探し、それをあなたの手札に加え、その後あなたのライブラリーを切り直す。対戦相手1人は願い爪のタリスマンのコントロールを得る。この能力は、あなたのターンの間にのみ起動できる。

2マナ、さらに1マナで好きなカードを1枚自分のライブラリー(デッキ、山札)から手札に加えられるアーティファクト。

使うと相手にコントロールが移ってしまうけど、相手が同じサーチ能力を使えば、また自分の下’(もと)に戻る。

自他含め、3回まで能力は起動できます。

神話レアなので若干入手が難しいけど、構築次第では有用なソーサリー・カードです。

あなたのライブラリーからカード1枚を探し、あなたの手札に加え、その後あなたのライブラリーを切り直す。あなたは3点のライフを失う。

というシンプルなサーチ能力です。

3点のライフロスはけっこうキツイかな?

どうしても必要なキーカードを使うデッキなどでは採用を見込めます。

見る、ライブラリー操作系カード(青マナ4枚)

3枚まとめて紹介してみました。

それぞれ見る枚数や手札に加えられる枚数、インスタントかソーサリーという違いはあるものの、ライブラリートップからカードを見て1~2枚の手札を加えられる操作系カードです。青の十八番(おはこ)。

他には、

タッサの介入は打ち消し呪文にもなるインスタント!

以下から1つを選ぶ。

・あなたのライブラリーの一番上からX枚のカードを見る。そのうち最大2枚をあなたの手札に加え、残りをあなたのライブラリーの一番下に無作為の順番で置く。

・呪文1つを対象とする。それのコントローラーがXの2倍のマナを支払わないかぎり、それを打ち消す。

計4マナ以上支払えば、2枚のカードを手札に加えられます。

ちなみにこの『手札に加える』という操作は『ドロー』(カードを引く)とは違うのでご注意ください。

なんでかというと、そういうルールだからです。わかってやってください(苦笑)。

まとめ 投入枚数には気を使おう

よほどコンボ主体のデッキならわかるけど、あんまり手札事故を避けようとして事故回避用カードを入れすぎてもよろしくないのは、聡明なプレイヤーたちはきっとわかってくれているはず。

ちなみに青のライブラリー操作系カードを多めに採用しているデッキでは『ラウグリン・ナーセット』というものがあります。

よろしければ、自分の動画を見ていってください。

ありがとうございました。

ABOUT ME
書い人(かいと)
書い人(かいと)
MTGアリーナの最前線を駆け抜けている管理人です。 強いデッキをたくさん作る予定ですので、よろしくお願いします!