デッキ紹介

【白単】圧倒的な展開力と二段攻撃で華麗にトドメを刺す!!【スタンダード2021】

樹上の草食獣
樹上の草食獣
トークンを大量に生成し、最後は二段攻撃だ! 圧倒的じゃないか、我が軍は。

二段攻撃(このクリーチャーは先制攻撃と通常の戦闘ダメージの両方を与える。)

インポート用データ

平均マナ・コストは2.0。土地は22枚採用しています。

デッキ
4 クラリオンのスピリット (KHM) 6
4 堕ちたる者の案内者 (KHM) 35
4 素早い反応 (M21) 40
18 平地 (STX) 367
4 カビーラの叩き伏せ (ZNR) 19
4 神聖なる矢 (IKO) 9
4 ガラスの棺 (ELD) 15
4 払拭の光 (THB) 4
3 刃の歴史家 (STX) 165
4 アーデンベイル城 (ELD) 238
4 丸呑み (IKO) 35
3 巨人落とし (ELD) 14

主な動き

クラリオンのスピリット

あなたが各ターンのあなたの2つ目の呪文を唱えるたび、飛行を持つ白の1/1のスピリット・クリーチャー・トークン1体を生成する。

できれば3ターン目辺りで3マナを溜(た)めてからこのスピリットと別の呪文を唱えたいところです(スピリットを1つ唱える+他の呪文を1つ唱える、で2つ目の呪文を唱えたことになります)。

組み合わせとしては、堕ちたる者の案内者がベストですね。

1マナ2/1という悪くないステータスに加え、以下の誇示能力を持ちます。

誇示 ― (1)(白):白の1/1の人間・戦士・クリーチャー・トークン1体を生成する。(この能力は、このターンにこのクリーチャーが攻撃していたときにのみ、毎ターン1回のみ起動できる。)

対戦相手のクリーチャーはこれらのカードで捌(さば)いていきましょう。

トドメ用カード『刃の歴史家』!!

あなたがコントロールしているすべての攻撃クリーチャーは二段攻撃を持つ。

白または赤の4マナで2/3はやや頼りないステータスですが、それを補って余りある自軍クリーチャーの強化能力を持ちます(こちらの攻撃時限定ですが、二段攻撃を付与できます)。

クリーチャーが十分に並んでいれば、それでエンドゲームになり得ます。

まとめ:クリーチャー主体のデッキが相手ならめっぽう強い

相手クリーチャーは除去・追放呪文で処理できますし、あとはゆるりとビートダウン(クリーチャーで殴り倒すこと)をするだけです。

クリーチャー・呪文が打ち消されたり、また破壊されたりするとやや大変かなーとは自覚していますが、テストプレイをした限りでは良く勝てています(まだ自分はプラチナランクですけどね)。

そんなに動きが複雑でもない割に勝率が良いので、楽しくなってきますね。

ありがとうございました!!

ABOUT ME
書い人(かいと)
書い人(かいと)
MTGアリーナの最前線を駆け抜けている管理人です。 強いデッキをたくさん作る予定ですので、よろしくお願いします!