デッキ紹介

【イコリア・赤緑】『スーパートランプル』デッキ

樹上の草食獣
樹上の草食獣
 相手ブロッカーを素通りして大ダメージを与えよう!

スーパートランプルは、仮に相手クリーチャーにブロックされても、こちらが与える戦闘ダメージ全てを相手プレイヤーまたは攻撃先の相手プレインズウォーカーに与える能力の通称です。

その後ブロックするクリーチャーからのダメージをブロックされたクリーチャーが受けることになります。

これでタフネスが0以下になった場合は当然、攻撃クリーチャーは破壊されます。

また、ブロッカーを実質素通りしているため、ブロックしたクリーチャーにダメージは通りません(スーパートランプルによる相手クリーチャーの除去はできません)。

キーカード1 貫禄ある野生眷者

貫禄ある野生眷者は、赤または緑(混ざっていても良い)の計4マナで唱えられるクリーチャー・人間・戦士です。

ステータスは4/3で、このクリーチャー自体トランプル(貫通ダメージ)を持ちます。

戦場に居るかぎり、トランプル持ちの自軍クリーチャー全てに前述のスーパートランプルを付与でき、攻撃するたびに通常のトランプルか、スーパートランプルにするかを選べます

相手クリーチャーの破壊を優先したい場合は通常のトランプル、トドメの一撃を狙いたい場合はスーパートランプル(ブロックされなかったかのようにダメージを割り振る→「はい」を選ぶ)を選びましょう。

キーカード2 クオーツウッドの壊し屋

クオーツウッドの壊し屋は、赤のダブルシンボル、緑、不特定マナ2マナの計5マナの大型クリーチャーです。

ステータスは6/6で、当然のようにトランプル持ちです。

マナ色拘束が強い分、さらに強力な能力を持っており、切り札になります。

その能力は以下↓

「あなたがコントロールしていてトランプルを持つクリーチャー1体以上がプレイヤー1人に戦闘ダメージを与えるたび、トランプルを持つ緑のX/Xの恐竜・ビースト・クリーチャー・トークンを1体生成する。Xはそれらのクリーチャーがそのプレイヤーに与えたダメージの総数に等しい。」

トランプルで相手プレイヤーに与えたダメージ分のステータスとトランプルを持つクリーチャー・トークンを出すわけです。

前述のスーパートランプルとは相性抜群です。

コストとマナ色拘束が強いため、3枚の採用に留めました。

相手クリーチャーにダメージを与えるカード

いずれも、指定した(対象にした前者)クリーチャーのパワー分のダメージを相手クリーチャー(対象にした後者)に与えるインスタントまたは、ソーサリー呪文になります。

格闘(一時的に戦闘を行うようなキーワード処理)扱いではありませんので、接死持ちクリーチャーにダメージを与えても、前者の自軍クリーチャーは破壊されません。

強行突破は、トランプル持ちがダメージを与える場合、余剰ダメージを相手プレイヤーに与えます。

狂気の一咬み強行突破の下位互換になります。

明らかに強行突破のほうが強いですが、有用なので4枚積みしています。

強撃+脅威強撃は、マナ色拘束が強い分狂気の一咬みがインスタントになっているような感じです。

脅威部分では4/4のトランプル持ちクリーチャーを生成できますので、そちらを唱えるのも場合によっては有用かと思います。

強撃は、石とぐろの海蛇(後述)を対象にはできないのが難点です。

同じ理由で、ドムリの待ち伏せも入れていません。

その他のクリーチャーズ

グルールの呪文砕きは赤緑の計3マナ、暴動(「このクリーチャーは+1/+1カウンター1個か速攻のうちあなたが選んだ1つを持った状態で戦場に出る。」というキーワード能力)とトランプルを持つ3/3クリーチャーです。

さらに、自分(あなた)のターンである限り、自分とグルールの呪文砕きは呪禁(じゅごん、「対戦相手がコントロールする呪文や能力の対象にならない。」というキーワード能力)を持ちます。

強いですが、レアカードですので入手しづらいという方は、テーロス還魂記に代用の下位互換カード(アンコモンカード、繋がれた者の番人)があります。

 

前述した、石とぐろの海蛇到達(飛行持ちをブロックできる)、トランプル、多色からのプロテクション(多色の能力などの対象にならない。厳密にはもっと細かいです)を持ちます。

マナ色拘束が全くなく、支払ったマナ・コストに応じたステータスを持つ、非常に強力なアーティファクト・クリーチャー(・蛇)になります。

余談ですがこれらのカウンターが乗るクリーチャー系は、変容した場合もカウンターは残るため、変容先のクリーチャーとしても有用です(ただし、このデッキには変容クリーチャーは入っていませんので別のデッキで試してください)。

大食のハイドラは、基本は0/1のクリーチャーですが、緑の2マナ(ダブルシンボル)の他にX(任意のマナ)を支払って召喚できます。

能力は以下です↓

大食のハイドラは、+1/+1カウンターがX個置かれた状態で戦場に出る。

大食のハイドラが戦場に出たとき、以下から1つを選ぶ

・大食のハイドラの上に置かれている+1/+1カウンターの数を2倍にする。

・あなたがコントロールしていないクリーチャー1体を対象とする。大食のハイドラはそれと格闘を行う。

ある程度マナが溜まってさえいれば、どちらの能力を選んでも状況次第で強力なカードになります。

トドメ用カード、ひっかく鉤爪

ひっかく鉤爪は、赤の2マナで唱えられるインスタント・カードです。

クリーチャー1体を対象とし、ターン終了時まで、そのクリーチャーに二段攻撃(先制攻撃のあと、続けて通常攻撃を行う)を付与します。

今まで紹介してきたカードを考えれば、その強さは簡単に分かることでしょう。

また不特定マナ2マナでサイクリング(手札のこのカードを捨てることで、デッキ・ライブラリーから1枚カードを引く)ができます。

インポート用データ

平均マナ・コストは2.8、土地は25枚採用しています。

レアカードに余裕がある人は、岩だらけの高知踏み鳴らされる地に変えてください。

デッキ
3 クオーツウッドの壊し屋 (IKO) 201
9 山 (IKO) 271
8 森 (IKO) 274
4 大食のハイドラ (M20) 200
4 狂気の一咬み (M20) 190
4 強行突破 (IKO) 170
4 ひっかく鉤爪 (IKO) 131
4 強撃 // 脅威 (RNA) 229
4 奔放の神殿 (THB) 244
4 貫禄ある野生眷者 (IKO) 229
4 石とぐろの海蛇 (ELD) 235
1 踏み鳴らされる地 (RNA) 259
3 岩だらけの高地 (IKO) 252
4 グルールの呪文砕き (RNA) 179

自分の作るデッキは、直情径行(ちょくじょうけいこう)というか、動きがシンプルなデッキが多い気がしています。

もう少し複雑で、頭良さげなデッキも組んでみたいですが……、無理か?

(まあ良いや)

ありがとうございました!

ABOUT ME
書い人(かいと)
書い人(かいと)
MTGアリーナの最前線を駆け抜けている管理人です。 強いデッキをたくさん作る予定ですので、よろしくお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です