デッキ紹介

【白黒(ほぼ黒単)】『予言された壊滅』デッキ

樹上の草食獣
樹上の草食獣
予言された壊滅は常に相手の盤面に揺さぶりをかけられる強力カード!

キーカード 予言された壊滅

予言された壊滅は、なかなか能力の長いエンチャント・カードですが、要するに毎ターンの開始時(ドローの前)に敵も味方も土地でもトークンでもないパーマネント・カードを(盤面から)生け贄に捧げさせます。

それができない場合、『そのプレイヤーはカード1枚を捨て、そのプレイヤーは2点のライフを失い、あなたはカードを1枚引き、あなたは2点のライフを得て、あなたは警戒を持つ白の2/2の騎士(Knight)クリーチャー・トークンを1体生成し、その後あなたは予言された壊滅を生け贄に捧げる』。

補足しますと『それができない場合』に当てはまるのは基本的に他のプレイヤーのみです。

最低でも予言された壊滅(←土地でもトークンでもないカードですね)は自分の場にあるはずなので、これを生け贄に捧げてしまうと追加能力は不発となります。

樹上の草食獣
樹上の草食獣
まだ強さがわからんなー。2/2のトークン生成とかじゃあなあー

いえ、このカードの凶悪さはその盤面制圧(ボードコントロール)能力にあります。

自分が予言された壊滅以外のパーマネントを保持できてさえいれば、相手は延々と毎ターン1枚のパーマネントを除去(生け贄に捧げる)する必要が出てきます。

そうできなければ、手札が最大2枚差、ライフ4点差、自分は2/2クリーチャーまで生成するので結構なアドバンテージ差になります。

パーマネントの生け贄は強制能力なので、前のターンに相手が強力クリーチャー1体のみを召喚したときなどは特に有効打になります。

その他のカード

大体は前回の、『【黒単】『ハンデス(手札破壊)』デッキ!!』と同じです。

それ以外のカードを多少説明しますと、

どぶ骨は黒の2マナで自分のターン中、相手がライフを失っていた場合に墓地から手札に戻せるクリーチャー!

再度唱えるのも黒1マナなのでそのターン中に召喚してしまうのも簡単です。

陰惨な生類は黒の5マナかかりますが、マナコストが1、2、3のクリーチャーを最大1体ずつ(最大計3体)戦場に戻すことができます。

コストが重いので、採用は2枚に留めました。

インポート用データ

平均マナ・コストは2.5になります。

2色土地は所持している分だけ入れてあるので、そちらの所持数に応じて加減してください。

デッキ
4 はぐれ影魔道士、ダブリエル (WAR) 83
7 沼 (ELD) 261
4 泥棒ネズミ (GRN) 64
4 疫病造り師 (GRN) 82
4 ヤロクの沼潜み (M20) 123
4 真夜中の死神 (GRN) 77
4 オルゾフの処罰者 (RNA) 79
7 平地 (M20) 263
4 穢れ沼の騎士 (ELD) 90
4 どぶ骨 (RNA) 76
3 ロークスワイン城 (ELD) 241
4 予言された壊滅 (ELD) 187
2 神無き祭殿 (RNA) 248
3 静寂の神殿 (M20) 256
2 陰惨な生類 (GRN) 71

サイドボード
4 見栄え損ない (M20) 95
4 殺害 (M20) 109
2 軍団の最期 (M20) 106
1 強迫 (M20) 97
4 ケイヤの怒り (RNA) 187

予言された壊滅は屋敷の踊りというソーサリーカードと組み合わせても面白い(強力な)動きをしてくれる、見せてくれそうなので、今度組んでみたいと思います!

ちなみに『アーティファクト・カードやオーラでないエンチャント・カード合わせて最大X枚を対象とし~』とありますが、これはアーティファクト・カードまたはオーラではないエンチャント・カード、という意味です。

一瞬混乱していました。

アーティファクト・エンチャントってあったっけ? みたいな感じで(昔はあったらしいですが、今は該当しません)。

ありがとうございました!

ABOUT ME
書い人(かいと)
書い人(かいと)
MTGアリーナの最前線を駆け抜けている管理人です。 強いデッキをたくさん作る予定ですので、よろしくお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です