デッキ紹介

【赤単】ぶどう弾で焼き払え! ストームデッキ!!【ヒストリック】

樹上の草食獣
樹上の草食獣
赤の呪文の連打が止まらない、強力デッキだ!!

インポート用データ

平均マナ・コストは2.4。土地は24枚採用しています。

デッキ
4 朱地洞の族長、トーブラン (ELD) 147
24 冠雪の山 (KHM) 283
2 ぶどう弾 (STA) 39
4 批判家刺殺 (RNA) 115
4 舞台照らし (RNA) 107
4 ショック (STA) 44
4 火柱 (JMP) 355
4 危険因子 (GRN) 113
4 霜噛み (KHM) 138
4 嵐窯の芸術家 (STX) 115
2 ケルドの炎 (DAR) 123

キーカードたち

ぶどう弾

クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。ぶどう弾はそれに1点のダメージを与える。
ストーム(あなたがこの呪文を唱えたとき、このターンにそれより前に唱えた呪文1つにつきそれを1回コピーする。あなたはそのコピーの新たな対象を選んでもよい。)

前に唱えた呪文、というのは相手のカードも参照するようです。

青マナも加えればいろいろ悪さができそうですが、構築難易度が跳ね上がりそうです。

他には大量の火力呪文と、尽きていく手札の補充カードなどがあります。

残りは2体のクリーチャーを紹介していきます。

朱地洞の族長、トーブラン

あなたがコントロールしている赤の発生源が、対戦相手か対戦相手がコントロールしているパーマネントにダメージを与えるなら、代わりに、それはその点数に2を足した点数のダメージを与える。

ダメージ増加が見込める強力なクリーチャーです。伝説(戦場に1枚までしか残せない)であるのには注意。

嵐窯の芸術家

嵐窯の芸術家は、あなたがコントロールしているアーティファクト1つにつき+1/+0の修整を受ける。
魔技 ― あなたがインスタントやソーサリーである呪文を唱えるかコピーするたび、宝物・トークン1つを生成する。

魔技が誘発するたびに好きな色のマナを加えられる宝物・トークンを生成するため、1マナ呪文が事実上のフリースペル(コストなしで唱えられる、あるいは唱えたコストが返ってくる呪文)となります。

おまけですが、このデッキでは宝物・トークン(アーティファクト!)の数に応じて嵐窯の芸術家のパワーがアップしていきます。

 

遁走する蒸気族はすぐに除去されるため、採用を見送りました(回れば強いんだけどね……)。

構築次第では有用なので載せておきます。

あなたが赤の呪文を唱えるたび、遁走する蒸気族の上に+1/+1カウンターが3個未満であった場合、遁走する蒸気族の上に+1/+1カウンターを1個置く。
遁走する蒸気族の上から+1/+1カウンターを3個取り除く:(赤)(赤)(赤)を加える。

組み換え案:青赤型フェニックス

弧光のフェニックス

飛行、速攻
あなたのターンの戦闘の開始時に、このターンにあなたがインスタントかソーサリーである呪文を3つ以上唱えていた場合、あなたの墓地から弧光のフェニックスを戦場に戻す。

フレイバー・テキストがじわじわ来ます(それとも直球かな?)

吹き止まない嵐もある。

予期の力線

予期の力線があなたのゲーム開始時の手札にあるなら、あなたはこれが戦場に出ている状態でゲームを開始してもよい。
あなたは呪文を、それが瞬速を持っているかのように唱えてもよい。

ぶどう弾を積極的に使うなら有用かもしれませんが、重いだけかもしれませんね。

魔法の鏡

この呪文を唱えるためのコストは、あなたの墓地にありインスタントやソーサリーであるカード1枚につき(1)少なくなる。
あなたの手札の上限はなくなる。
あなたのアップキープの開始時に、魔法の鏡の上に知識(knowledge)カウンターを1個置き、その後魔法の鏡の上に置かれている知識カウンター1個につきカードを1枚引く。

手札をガンガン増やせます。60枚以上の構築でも可能かと。

手札交換呪文を積極採用する型も考えられそうです。

まとめ:ぶどう弾はロマンだと思う

呪文を連打するほどコピーされてダメージ増加が見込める……。

これに魅力を感じないわけがない!!

決まるかどうかは運ですし、運頼みは嫌なので今回のデッキには2枚のみの採用に留まっています。

他の呪文の連打でも勝てるといえばそうなんですが、出来ることなら華麗にぶどう弾、決めてほしいですね!!

ありがとうございました!!

ABOUT ME
書い人(かいと)
MTGアリーナの最前線を駆け抜けている管理人です。 強いデッキをたくさん作る予定ですので、よろしくお願いします!