デッキ紹介

【ヒストリック・赤単】『実験の狂乱』デッキ

樹上の草食獣
樹上の草食獣
実験の狂乱』は実にユニークな強力カードだぞ!! 

基本的な動き

火力呪文で相手のクリーチャーを焼き、初動が遅いデッキのようなら、直接プレイヤーのライフにダメージを与え続けてライフを削り切る、高速のバーンデッキになります。

自分の手札が尽きてきた頃合いで、実験の狂乱を発動できれば楽しいですね。

キーカード 『実験の狂乱』

実験の狂乱は、赤の4マナで場に出せるエンチャント・呪文です。

能力は以下の4種類↓

・あなたはいつでもあなたのライブラリーの一番上のカードを見てもよい。

・あなたはあなたのライブラリーの一番上のカードをプレイしてもよい。

・あなたはあなたの手札からカードをプレイすることはできない。

・(3)(赤):実験の狂乱を破壊する。

手札が使えなくなる代わりに、デッキ(ライブラリー)の1番上を参照して唱えられるカードです。

マナさえあれば、デッキトップのカードを次々に唱えられます。

その他、採用したカード群(火力呪文以外)

ショックを始めとする火力呪文については、下記のインポート用データを参照してください。

まあ、ありがちなものを採用しています。)

遁走(とんそう)する蒸気族(じょうきぞく)は、赤の2マナで場に出せる1/1のクリーチャー・エレメンタルになります。

初期ステータスこそ貧弱ですが、自分が赤の呪文を唱えるたびにサイズアップ(+1/+1)し(最大4/4まで)、4/4のときに全ての+1/+1カウンターを取り除くことで、赤の3マナを加えられることができます。

ステータスがすぐにアップするのも、カウンターを取り除いて次の呪文を唱えるのに利用するのも強力です。

ちなみに、カウンターを取り除いて赤の呪文を唱えれば、また(当然ですが)サイズアップします。

え、永久機関……(言い過ぎ?)。

どぶ潜みは赤の3マナのゴブリンで、インスタントやソーサリーの火力呪文が満載のこのデッキでは非常に有用なクリーチャーです。

自分がインスタントかソーサリーを唱えるたびに相手に2点のダメージが飛びます。

チャンドラの調圧器は、伝説(場に1つしか残せない)のアーティファクトです。

チャンドラ・プレインズウォーカー(後述します)の能力を1マナでコピーするほか、1マナを支払いタップし、山・カードまたは赤のカードを手札から捨てることでカードをデッキから1枚引けます。

特に後者の能力は、実験の狂乱が場にあるときに山(土地)が2回連続で来てしまったときの場合に調整ができます。

このデッキで唯一採用したプレインズウォーカー・カードの炎の職工、チャンドラです。

赤の4マナで場に出せ、初期忠誠度は4。

忠誠度カウンターが取り除かれるたびに、対戦相手かプレインズウォーカー1体にそのカウンター数に等しいダメージを与える常在型能力を持ちます。

起動型能力はこちら↓

+1:あなたのライブラリーの一番上のカードを追放する。このターン、あなたはそれをプレイしてもよい。

-7:あなたのライブラリーの一番上からカードを7枚追放する。このターン、あなたはそれらをプレイしてもよい。

+1能力は、デッキトップの実質的な操作能力なので、実験の狂乱とは相性がいいです。

-7能力では、対戦相手かプレインズウォーカーに問答無用で7点のダメージが飛びます。7枚のカードを(マナ・コストは支払う必要がありますが)唱えられるのもいいですね。

-7は基本、トドメ用だと思います。

インポート用データ

平均マナ・コストは2.4、土地は山を21枚採用しています。

デッキ
3 実験の狂乱 (GRN) 99
4 チャンドラの勝利 (WAR) 121
2 炎の職工、チャンドラ (WAR) 119
4 ショック (M20) 160
4 どぶ潜み (M19) 145
21 山 (THB) 285
4 批判家刺殺 (RNA) 115
4 遁走する蒸気族 (GRN) 115
4 ヤヤの挨拶 (WAR) 136
4 稲妻の一撃 (XLN) 149
4 チャンドラの螺旋炎 (WAR) 120
2 チャンドラの調圧器 (M20) 131

一部のカードを抜いて、溶岩コイル舞台照らしを入れても良いかもしれません。

ありがとうございました!

ABOUT ME
書い人(かいと)
書い人(かいと)
MTGアリーナの最前線を駆け抜けている管理人です。 強いデッキをたくさん作る予定ですので、よろしくお願いします!