デッキ紹介

【ヒストリック・白赤緑】『コストダウン・恐竜』デッキ

樹上の草食獣
樹上の草食獣
大きな大きな恐竜たちを、コストを減らしてたくさん召喚 !!

MTGアリーナにおける恐竜の最大の特徴は激昂(げきこう、ダメージを与えられるたびに各能力が誘発する)能力かもしれませんが、今回はコストを下げて恐竜たちを召喚するタイプのデッキを構築してみました。

恐竜たちのコストダウンカード

それぞれ、場にいる限り恐竜・呪文(クリーチャー)の召喚コストを1~2下げてくれます。

伝説(場に1枚しか残せないカード)でもないので、序盤に複数体並べてしまえば、かなりの高速で大型の恐竜を呼び出せます。

他にも↓のクリーチャーは、クリーチャー呪文のマナ・コストを下げてくれますが、クリーチャーが場に出るたびに出たクリーチャーに2点のダメージを飛ばすので、今回の採用は見送りました。

最初に書いた激昂能力とは相性が良いんでしょうが……。

恐竜・クリーチャーたち

 

シンプルなクリーチャー・カードたちなので、1つ1つ説明はしません。

強いていえば、突き刺すケラトプスは他のクリーチャーに二段攻撃を付与できるのが強いです。

恐竜との融和(サポートカード)

緑の1マナで唱えられ、ライブラリー(デッキ)の上から5枚を見て、恐竜か土地を手札に加えられます。

入れ替え候補カード

キンジャーリの陽光翼は、対戦相手のクリーチャーをタップ状態で場に出させます。

攻撃や能力の起動などを1ターン遅らせられるのは強みがあるかと思います。

原初の嵐、エターリは攻撃するたびに、各プレイヤーの1番上のカードを追放し、その後土地以外ならプレイできるという非常に強力な能力を持っています。

書きながら、追加で入れようかと思いました(入れた)。

インポート用データ

平均マナ・コストは3.8ですが、もちろん実際のプレイではみるみるうちに減ります。

土地は27枚採用しました。ちょっと半端?

デッキ
2 突き刺すケラトプス (XLN) 13
4 猛竜の群れ (XLN) 168
2 暴走の騎士 (RIX) 138
4 オテペクの猟匠 (XLN) 153
8 山 (THB) 285
4 突進するモンストロサウルス (XLN) 138
4 突進するタスコドン (RIX) 97
4 恐竜との融和 (XLN) 181
3 鱗剥ぎの捕食者 (M20) 157
4 キンジャーリの呼び手 (XLN) 18
7 平地 (THB) 279
4 寺院の庭 (GRN) 258
2 奔放の神殿 (THB) 244
6 森 (THB) 287
2 原初の嵐、エターリ (RIX) 100

細かい調整は各プレイヤーさんに任せます(特に2色土地は、あるだけしか入れられなかったです)。

激昂能力寄りの構築もしたいですが、レア・ワイルドカードが尽きています(笑)。

ありがとうございました!

ABOUT ME
書い人(かいと)
書い人(かいと)
MTGアリーナの最前線を駆け抜けている管理人です。 強いデッキをたくさん作る予定ですので、よろしくお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です