MTGアリーナ

【コラム】『緑単』について考える【信心】

もっとも信心を集めやすい色はなにか、おそらく緑だろう。次に黒あたりか。

信心とは、↓

あなたの緑への信心とは、あなたがコントロールしているパーマネントのマナ・コストに含まれる緑シンボルマークの総数である。

上に載せたクロ―ティスの企図などは典型的な信心カードであり、

ターン終了時まで、あなたがコントロールしているクリーチャーは+X/+Xの修整を受ける。Xは、あなたの緑への信心に等しい。

という能力のソーサリーである。

自軍クリーチャー全てにトランプル(貫通ダメージ)を付与できる、ガラクの蜂起などとは相性が良い気がしている。

信心を集めるカード

鉄葉のチャンピオン

ヒストリック用のカードだが、わずか3マナで5/4という破格のステータスを持ち、『パワーが2以下のクリーチャーによってはブロックされない』という能力まで持つ。

見ての通りトリプルシンボルなので緑単以外では採用し辛い(緑単デッキの話なので問題はないだろう)。

ギャレンブリグの領主、ヨルヴォ

こちらも緑のトリプルシンボルで、基本は4/4となり、他の緑のクリーチャーが出るたびにサイズアップする能力を持っている。

特殊能力は持たないが、基礎ステータスに関するマナレシオ(マナ効率)がとんでもないクリーチャーになる。

5マナで10/10。やばすぎる。

デメリットである緑の5個シンボルであることは、緑単信心では全く関係がなく、普通に出していける。

ガラクの蜂起のトランプル付与に、クロ―ティスの企図の一時的なサイズアップが加われば、もはや勝負が決まる。

ラノワールのエルフなどのクリーチャーでマナ加速をするのは当然とする。

ヒストリックで緑単信心デッキを調整しつつ組んでみたので、参考にしてほしい。

デッキ
3 ギガントサウルス (ANB) 96
4 イリーシアの女像樹 (ANB) 98
4 ガラクの先触れ (M21) 185
4 絡みつく花面晶体 (ZNR) 211
4 ラノワールのエルフ (DAR) 168
2 探索する獣 (ELD) 171
4 ガラクの蜂起 (M21) 186
4 グレートヘンジ (ELD) 161
4 ギャレンブリグ城 (ELD) 240
16 森 (ZNR) 278
2 原初の飢え、ガルタ (RIX) 130
2 ギャレンブリグの領主、ヨルヴォ (ELD) 185
4 鉄葉のチャンピオン (DAR) 182
2 クローティスの企図 (THB) 176
1 ギガントサウルス (M19) 185

伝説(場に1体までしか残せない)のクリーチャーではあるが、最小2マナで唱えられる12/12・トランプル持ちクリーチャー、原初の飢え、ガルタもヒストリックでは見逃せない。

そのうちプレイ動画を公開するかもしれないが、予定は未定ということで。

ありがとうございました!

ABOUT ME
書い人(かいと)
書い人(かいと)
MTGアリーナの最前線を駆け抜けている管理人です。 強いデッキをたくさん作る予定ですので、よろしくお願いします!