カード紹介

『エルドレインの王権』パックの神話レア、アーティファクトサイクルについての紹介

樹上の草食獣
樹上の草食獣
神話レアのカードを5枚紹介するよ!

今回以降、単品などのカード紹介も行っていくことにしました。

デッキだけの作成だとネタ切れしてくるので、正直、苦肉の策です。

どれだけデッキ応用できるかは、各々のプレイヤーの腕の見せどころになります。

こちらで完璧?に書けるとすれば、デッキ構築までもっていくことになりますので、それではカード紹介の趣旨から外れてしまいます。

その辺りはご理解のほど、よろしくおねがいいたします。

はじめに、サイクルカードについて

サイクルカードとは、1つのコンセプトに基づいて作られたカード群のことになります。

今回は『エルドレインの王権』パックに各色(白、青、黒、赤、緑マナ)1種類ずつ存在する、神話レアのアーティファクトたちの紹介をしていきます。

忠誠の円環

うん、正直1番微妙なのが最初にきましたね。

白2マナ(ダブルシンボル)に、不特定マナ4マナの計6マナ。

自軍の騎士1体につき、不特定マナのコストが1減少し、最短白のダブルシンボルで落着させられます。

他の能力は、

①クリーチャーの全体強化(+1/+1)。

ただし伝説(場に1体までしか残せない)なので、重ね張りができないのが痛いですね。

②あなた(自分)が伝説の呪文を唱えるたびに、警戒を持つ白の2/2の騎士・クリーチャー・トークンを1体生成する。

伝説の呪文は少ないので、プレインズウォーカー主体のデッキなどで活路があるかもしれません。

伝説の騎士も5マナ以上が基本なので、まだ噛合いは少なめ。

③白の計4マナを支払い、このカードをタップすることで、警戒を持つ白の2/2の騎士・クリーチャー・トークンを1体生成する。

1ターンに1度までの、②の能力と同じクリーチャーを生成する能力です。

4マナは重めですし、よほど余裕が必要ですね。他に唱える呪文がないときとか、一応の繋ぎにはなります。

総論すると、重ね張りができればなあ、の一言です。

魔法の鏡

使いこなせれば非常に強力なドローエンジン(継続的なドローソース)に成り得るカードです。

マナ・コストは青3つのトリプルシンボルに不特定マナ6マナの計9マナ。

これだけでは「出す前に決着がついちゃうんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、これらサイクルカードは忠誠の円環同様、全て「何かの数に応じて唱えるためのコストが少なくなるアーティファクト・カード」です!

今回の値引きコスト減少能力は、ズバリ、「自分の墓地にあるインスタントやソーサリーであるカード1枚につき1マナ」になります。

最短で、青の3マナ(トリプルシンボル)で唱えられます(インスタントかソーサリーが6枚以上墓地にある場合ですね)。

追放領域にあるカードは数えませんので、「夢を引き裂く者、アショク」などには注意。

他の能力は、

①あなたの手札の上限はなくなる。

説明不要ですが、補足をすると、このカードが戦場に存在しているときのみの能力ですので、手札が8枚以上ある時にこのカードが破壊されるなどして戦場に存在しなくなった場合はターン終了時に7枚になるまで捨てる必要があります。

②あなたのアップキープの開始時に、魔法の鏡の上に知識カウンターを1個置き、その後魔法の鏡の上に置かれている知識カウンター1個につきカードを1枚引く。

はい、出したターンの次の自分のターンには、通常ドローに加えてもう1枚、さらに手札を引きます。

①の通り、手札の上限もありません。

さらに次の自分ターンには計3枚、4枚、5枚と増えていきます。

化物かよ。化物ですね。

ドローのし過ぎによるデッキ切れでの間抜けな敗北にだけは注意してください。

永遠の大釜

墓地のクリーチャー・カードにつき2マナ唱えるコストが少なくなる黒のカードです。

最短で黒の2マナ(ダブルシンボル)で唱えられます。意図的にクリーチャーを墓地に落とすデッキ構成(青黒など)で強さを発揮しそうです。

他の能力は、

①あなたがコントロールしているクリーチャーが1体死亡するたび、それをオーナーのライブラリーの一番下に置く。

次に紹介する能力と相反する、噛み合わないデメリット能力です。

意味自体はそのままですね。

②黒の計3マナを支払い、これをタップする。あなたの墓地からクリーチャー・カード1枚を対象とし、それを戦場に戻す。この能力は、あなたがソーサリーを唱えられるときにのみ起動できる。

いわゆるリアニメイト(クリーチャーを墓地から戦場に戻す)能力です。

意図的な墓地肥やし(デッキなどからカードを墓地に送る行為)を行わないと、①の能力により復活させられるクリーチャーがいなくなるかもしれません。

そこだけに注意が必要そうです。

やや、使い辛そうな気はしています。

エンバレスの宝剣

前の記事でも紹介した強力カードになります。

アーティファクトであると同時に瞬速(インスタントと同じタイミングで唱えられる)持ちの装備品でもあります。

今回のマナ・コスト減少能力は、攻撃クリーチャー1体につき1マナの減少です。

最短で赤の2マナ(ダブルシンボル)で唱えられます。

瞬速持ちのため、戦闘中に使用でき、コンバット・トリックに用いられるカードです。

他の能力は、

①エンバレスの宝剣が戦場に出たとき、あなたがコントロールしているクリーチャー1体を対象とし、これをそれにつける。

通常、このカードの装備には3マナかかりますが、最初に出したときのみノーコストでクリーチャー1体に装備させられます。

②装備しているクリーチャーは+1/+1の修整を受け二段攻撃とトランプルを持つ。

微弱なステータス強化と二段攻撃(先制攻撃+通常攻撃)、貫通ダメージたるトランプルを付与させます。

もともとのステータスが強いクリーチャーに戦闘中に装備させると、それだけで勝敗を決するエンドカードに成り得ます。

強いですね。

グレートヘンジ

最後になります。

緑らしく、非常にクセのない素晴らしいカードの出来栄えですね!

不特定マナのコストは、自軍クリーチャーの最大のパワーに等しい数値分減ります。

パワーが7以上のクリーチャーをコントロールしていれば、緑の2マナ(ダブルシンボル)で唱えられます。

他の能力は、

①タップする。緑の2マナ(ダブルシンボル)を加え、あなた(自分)は2点のライフを得る。

森2枚+α分の働きになります。分かりやすく、そして強い。

マナを使う予定がなくても、タップさえしておけば2点のライフを得られるため、いざというときには延命手段にも成り得ます。

②トークンでないクリーチャーが1体あなたのコントロール下で戦場に出るたび、それの上に+1/+1カウンターを1個置き、カードを1枚引く。

トークン以外のクリーチャーを召喚するとサイズアップさせ、さらに1枚ドローまでできる優秀な能力です。

緑マナデッキには、パワーの大きいクリーチャーが多いので、出しやすさは大きいです。

代わり種(だね)としては黒のクリーチャー、朽ちゆくレギサウルスとかも居ます。

おまけとして載せておきますね。

黒の計3マナで、ステータスは7/6という巨体です。

大きなデメリット(アップキープ開始時、ドローの前に手札を1枚捨てる)はありますが、グレートヘンジとは絶妙な相性かも?

まとめ

今後の追加パック次第で、またさらに化けそうなカードたちでもあります。

書いてる間じゅう、新しいデッキが組みたくなってうずうずしっぱなしでした(笑)。

頑張って強いデッキを組みたいですね。

ありがとうございました!

ABOUT ME
書い人(かいと)
書い人(かいと)
MTGアリーナの最前線を駆け抜けている管理人です。 強いデッキをたくさん作る予定ですので、よろしくお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です