MTGアリーナ日記

【MTGアリーナ日記】その8

2020年 1月 20日(月)

昨日は日記公開後にシールドを2回やった。

ボロ負けだったが、まあ、最初はこんなもんだろうと割り切る。

テーロス還魂記はクセの強いカードが多い気がして、はっきりいって扱いづらい気がする。

今まで出たカードとの組み合わせとかを考えるのがけっこうきつい。

脱出は面白いギミックだが……。

その後2時間ほど頑張ってデッキを作る。

テーロスの黒(マナ)カードが主体で、『黒への信心』(黒単)デッキと『憎しみのオーラ』(青黒)デッキ。

扱いづらい脱出カードは使わず構築した。

『憎しみのオーラ』デッキは、オーラがクリーチャーの死亡により外れると1枚自分がドローできるクリーチャー、憎しみの幻霊カードを採用し、マイナス補正のかかるエンチャント・オーラを多数採用した。

青カードは主にそのコピー用カードを採用。

作ったが、微妙だった。

カードがたくさんドロ―できるだけで、勝ち筋が見えなかった。

21日(火)

災厄の行進とテーロス還魂記のカードを合わせた、『災厄の信心』デッキを組んだ。

鍛冶で鍛えられしアナックスは強いかと思ったが、テキストを勘違いしていた。

災厄の信心は上手く行かず。うーん。

ゴブリンだらけのデッキと対戦し、負ける。

さっそくコピーと、組み換え案を出す。

けっこう強いので、明日にでも公開するかな。

しかし、テーロスのカードは一切使用せず。

22日(水)

ゴブリンデッキで何度か戦い、良い感じだったので載せてみる。

デッキはこちら、『【赤単】『ゴブリンの行進』デッキ【ほぼゴブリンのみ】

23日(木)

黒赤で、脱出能力を積極的に採用したデッキを組んでみる。

あれこれと調整していく。

またデッキを紹介したい。

24日(金)

昨日の黒赤脱出デッキはなかなか勝ち筋が決まらず。

どうせ墓地から『脱出』できるので、脱出クリーチャーは控えめの採用で、墓地落とし(墓地肥やし)カードを積極的に採用しているのだが、いかんせん初動が遅い。

脱出コストは正直重すぎだと思う。

朝から2時間ほど遊んだが、とりあえずそれなりの数のカードを把握した程度。

今日はアリーナ日和なのか、50試合くらいできた。

新規に4デッキ前後作成したが、以前のデッキの焼き増しみたいになっている。

テーロスカードも使いこなせるようになりたいな。

25日(土)

ランク戦で調整などをする。

ランク戦は現環境に触れる大事な機会とはいえ、負けてティアーが下がる。

ただ、相当な情報収集ができた。

創案の”灯”デッキは相変わらず有用なのを確かめたので、それでミシックを目指そう、と思ったが何連敗もしてしまう。

なぜだ。

プラチナランクのティアー4まで落ちる。

デッキ変えるしかなさそうだな……。

26日(日)

タッサや星座能力、エンチャントを多用した『星々の断頭台』デッキ(仮)を組むかで悩む。

レアワイルドカードはあるにはあるが、だいたいなくってしまう。

慎重に見極めたい。

今月のミシック到達は無理かなー。

来月以降に持ち越すか。

多分、新パックが出た後の3ヶ月目が狙い目なんだろうだ、とは思う。

新カードの把握もできてきた辺りだし。

Youtubeで強力デッキの動画を観て参考にするが、すぐに転用できない気がしたし、する気も起きない。

当面は自分のデッキでなんとかしよう。

その後、エルドレインの王権パックやテーロス還魂記のカードも投入した『実験の狂乱』型デッキを組むが、なかなか強くランク戦で4連勝できた。

動きが完全にわかっているし、動かしやすい。

しばらくやって成果をだせたら公開しようかな。

このサイトでは『実験の狂乱』デッキは紹介していないので、初となる。

普通に大好きなカードなのだが、最近はまず見かけないなー。

ABOUT ME
書い人(かいと)
書い人(かいと)
MTGアリーナの最前線を駆け抜けている管理人です。 強いデッキをたくさん作る予定ですので、よろしくお願いします!