MTGアリーナ日記

【MTGアリーナ日記】その11

2020年 2月 10日(月)

アジャニ・ヘリオッド』デッキでランク戦。勝ったり負けたりだが、勝利数のほうが多い。

最近紹介した白黒(オルゾフ)の『ライフドレイン・ヴァンパイア』デッキもまあ強いが、単色のほうが動かしやすく、とにかく数をこなす必要のあるランク上げ(ランク戦)ではそのほうが有利だ。

赤単などでもミシック到達している例は結構聞く(特に自称初心者さんで)ので、疲れたくない人は単色にしておくのが良いのかもしれない。

使いこなせれば2色以上でも良いが、たしかに頭を使う(さらに言うと、ランクを上げるには前述の通り数をこなす必要がある)。

ジェムでテーロス還魂記を45パック購入し、かなりの数のレアカードなどを揃えた。

残りは9000ジェムちょっと。

あとは次回のパックの購入に当てよう。

以前のデッキなどを試すが、負けてゴールドランク・ティアー3まで後退する。

どうしたものかなー。

その後『ボーラスへの信心』デッキを組み、勝率が7割以上くらいにまで上がる。

アスフォデルの灰色商人や、ボーラスの城塞を使用したデッキになる。

詳しいデッキの紹介はまた今度。

夢さらいデッキも良いなあ。

午後5時過ぎに『ボーラスへの信心』デッキでプラチナランクに到達。長かったなあ。

デッキ紹介へはもう少し粘るか。

悪夢の詩神、アショクや手札破壊カードを多数採用した、『悪夢の詩神』デッキを未プレイながらも構築した。

+1能力で2/3クリーチャーが出せるのは強い。

通常プレイか、もう少し練ってからランク戦に投入してみるかな。

11日(火)

ランク戦で『悪夢の詩神』デッキを構築し、ランク戦にて改良を続ける。

勝ったり負けたりだ。コントロール寄りのデッキなので、ゲーム時間が長くなるのが難点かな。

プラチナランクに上がりたてで、これ以上ティアーが下がらないのを良いことに試作デッキを投入していく。

白緑のエンチャント・オーラ型デッキも組む。デッキ名はまだ適当。

ボーラスへの信心』デッキをこのサイトで記事として公開した。

1時間くらいかけて書いた。

日記と違って、デッキ紹介記事は言葉遣いにとても気を使うので、神経が削られる。

あと、テーロス還魂記のカードは不吉な名前やイラストのカードが多く、それもまた神経が以下略。

義賊が気になっているので、今度赤単でなんか組もうかな。

相手のデッキのカードを利用できるのは、案外強い。

このカードではマナの色も関係なく唱えられるし。

正気泥棒もかなり面倒くさい相手だなー。

専用のデッキは組んだことはないけれど。

また、以前、憎しみの幻霊を使ったエンチャント・オーラデッキが未完成のまま削除してしまっていたが、騒音のアフィミアというカード(など)と組み合わせると強いのが判明した。

最近はデッキ作りが好調だ。

どんどん公開したいな。

義賊デッキはなんか負けまくる。赤単だが、ハックロバットなど黒も混ぜる、『ならず者』主体のデッキにすべきか? 押し負けることが多い、というか勝ったことがない。

12日(水)

やや大型のアップデートが来ていた。

その後、遊ぶ。

起動2回目にもまたアップデートが起こるが、問題はなさそうだった。

青黒・エンチャント・オーラ(仮)デッキで遊ぶ。案外勝てるものだ。

灯の分身万面相ラザーヴ、戦慄衆の将軍リリアナなどを入れると、より柔軟性が上がった。連勝などができたら、記事にして紹介したいデッキだ。

このデッキと、最近紹介した『ボーラスへの信心』デッキでプラチナランク・ティアー2まで昇格した。

その後も引き続きランク戦をし、好調につきプラチナランク・ティアー1まで昇格する。

【青黒・エンチャント・オーラ】『憎しみのアフィミア』』デッキはこのままのデッキ名で明日か明後日に公開しよう。

十分強いので、最終調整をしたい。

13日(木)

ダイヤモンドランク・ティアー4にまで進めたら、別のデッキを試験運用しようかな(負けても下のティアーや下のランクに行かないため)。

【青黒・エンチャント・オーラ】『憎しみのアフィミア』』デッキには強力クリーチャーの除去用に灯の収穫死の国への引き込みを入れていたのだが、やはりエンチャント・オーラに絞って入れたほうが上手く回る。

憎しみの幻霊騒音のアフィミアの能力を最大限発揮したい。

当該デッキを、午前10時過ぎに公開した。

記事の執筆には1時間ほどかかる(文字数は3600字くらい)。

やたらめったら引きが悪く、夕方4~5に連敗が続いて、プラチナランク・ティアー2まで落ち込む。

まあ、しょうがない。できれば今日中にダイヤモンドランクに行きたかったが……。

午後6時を過ぎて、デイリークエストなどの消化に勤(いそ)しむ。ランク戦。

白緑のエンチャント・オーラ』デッキ(仮)で快勝する。正直、戦い過ぎで以前紹介した2つのデッキは飽きた(飽き性)。

この白緑デッキも強いので、また紹介したい。

デッキ名はどうするかな、最後でいいけど。

このデッキで3連勝して、プラチナランク・ティアー1にまでたどり着く、戻る。

また明日!

14日(金)

午前10時にダイヤモンドランク(ティアー4)に到達する。

ダイヤモンドランクに到達したのは実は初めて。

デッキ構築優先で、勝ち抜きをあまり意識しすぎてはいなかったので、ランク戦はまあまあの興味、といったところなのである。

それでも(デッキ)構築の精度が上がってきたのか、かなり勝てるデッキを発見できた。

あと、世界選手権の人たちのデッキリストが公開されていたけど、シンプルな構築なデッキも案外多い。

あとは、使い方なのかなー。

まあ、こっちはこっちでボチボチ、構築を頑張るか。

今月はミシックにも行きたいな。

悪夢の詩神、アショクを使用する『悪夢の詩神』デッキを楽しむ。

大量ドロ―デッキが弱点だが(魔法の鏡とか)、地獄界の夢でも入れようかな。

と、思ったがやはり夢を引き裂く者、アショクにしておこうか。

15日(土)

悪夢の詩神』デッキを使いこなすべく、頑張る。

赤単アグロがなかなか相手としては手強い。

コントロール寄りのデッキなので、開始数ターンで圧倒してくるデッキタイプの対策を練る。

いまいち除去カードの取捨選択に困る。

世界大会出場者のデッキで遊べるのを数日やるみたいだけど、スルーするか、赤単のやつを使ってみるかな?

悪夢の詩神』デッキでは2枚目のドローを封じるナ―セットを入れて安定させた。

が、やっぱり勝率はいまいちパッとしないので、寝かせておく。

封印。

16日(日)

白緑・エンチャント・オーラ』デッキをランク戦をしつつ、改良。

そのうちデッキ紹介記事を公開すると思うので、できれば見てほしい。

余談だが、『RPGツクールMV』というゲームが作れるソフトウェアが公式からだと1万円くらい安くなっていて(バンドル版)、それを今日買ってダウンロードして6時間ほどいじくっていた。

興奮で眠れなくなるパターンなので、MTGアリーナなどを素直にやるか、PCから離れることにしよう。

ABOUT ME
書い人(かいと)
書い人(かいと)
MTGアリーナの最前線を駆け抜けている管理人です。 強いデッキをたくさん作る予定ですので、よろしくお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です