デッキ紹介

鬱陶しさMAX!!『塩水・伏兵・ドロー・ゴー』デッキ

樹上の草食獣
樹上の草食獣
(相手からしたら)とてつもなく鬱陶しいデッキの紹介らしい。 

ドロー・ゴーとは

ドロー・ゴーとは、自分のターンには最初のドローしかせず、相手のターンに妨害呪文などを唱えつつ、盤上(フィールド)をコントロールするデッキタイプを指します。

樹上の草食獣
樹上の草食獣
1ゲームの時間は長めだけど、うざがられてすぐに投了させられる場合も……

もちろん、相手の動きを妨害・翻弄(ほんろう)するだけでは勝てません。

最低限の(シナジーのある)クリーチャーを用意しています。

シナジーのあるクリーチャー2種

採用しているクリーチャーはこの2種類×4枚ずつです。

このクリーチャーが尽きたらほぼ負け確定なので、大事に守りましょう。

2種類とも、相手のターンにインスタントのように唱えられる瞬速を持ちます。

塩水生まれの殺し屋は相手のターン中に自分が呪文を唱えるたびに+1/+1ステータスが強化されます。

夜群れの伏兵は自分のターンに呪文を唱えていない場合、そのターン終了(ステップ)時に2/2(伏兵の能力で実質3/3)の狼・クリーチャー・トークンを生成します。

伏兵の場合はクリーチャーに反応してブロック・除去するために唱えたり、それ以外なら相手ターンの終わり際に唱えるのが良いと思います。

自分のターンに唱えてしまうと、ドロー・ゴーの意味がありません(それぞれの能力を発動してくれない)ので。

妨害用の打ち消し呪文

これは数多く採用しているので、細かいことは記事の最後にある、インポート用データを参考にしてください。

ちなみに送還だけはクリーチャーを手札に戻すカードですが、序盤などに面倒なクリーチャーを召喚された場合などの対処用に4枚入れています。

説明が必要そうなカードを1つのみ紹介しておきます。

悪賢い隠蔽!!

これがテキスト部分です↓

呪文1つとあなたの墓地からカード最大4枚を対象とする。その前者の呪文を打ち消す。その呪文がこれにより打ち消されたなら、それをオーナーの墓地に置く代わりに追放する。あなたはその後者のカードをあなたのライブラリーに加えて切り直してもよい。

樹上の草食獣
樹上の草食獣
まさしく呪文だな!

ええ、ちょっと面倒くさいですが、要するに、

①呪文1つを打ち消し、追放する。

②打ち消しに成功したのなら、その後、自分の墓地から4枚までのカードをライブラリーに戻してシャッフルする。

というだけです。

我ながら、ずいぶんシンプルに書けて良かったです。

妨害・打ち消し呪文を使いまわしたり、貴重なクリーチャーを墓地からライブラリーに戻したりできます。

天敵『時を解す者、テフェリー』!!

コントロールデッキの天敵といえるのがこのカードです。

常在型能力を見ての通り、瞬速による相手ターンでのクリーチャー召喚、そしてなによりもインスタントが唱えられなくなり、このデッキで出現を許したらほぼ、負けが確定します。

白と青の土地を見かけたら、とりあえず頭に入れて、打ち消しなどで出させないようにしてください。

インポート用データ

平均マナ・コストは2.8です。

4 塩水生まれの殺し屋 (M20) 50
13 森 (ELD) 269
4 夜群れの伏兵 (M20) 185
13 島 (ELD) 257
4 悪意ある妨害 (GRN) 54
4 巻き込み (M20) 55
4 悪賢い隠蔽 (GRN) 35
4 無礼の罰 (ELD) 42
4 否認 (M20) 69
4 送還 (M20) 78
2 思考崩壊 (RNA) 57

ありがとうございました!

ABOUT ME
書い人(かいと)
書い人(かいと)
MTGアリーナの最前線を駆け抜けている管理人です。 強いデッキをたくさん作る予定ですので、よろしくお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です