デッキ紹介

【白黒・アジャニなど】『ライフゲイン』デッキ

樹上の草食獣
樹上の草食獣
アジャニの群れ仲間って強いなあ。よく使われているよね?
樹上の草食獣
樹上の草食獣
他にも似たようなカードやシナジーの良いカードはないのかなあ。

 

ここにあります!

ライフを得るたびにパワーアップするクリーチャーズ!

デッキの主軸となるクリーチャーは、アジャニの群れ仲間血に飢えた曲芸師です。

いずれも自分がライフを得るたびにパワーとタフネスをそれぞれ+1する能力を持つ、成長性の高いクリーチャー・カードです。

ライフ回復を主軸としたビートダウンデッキの紹介になります。

初心者にも安心して動かせる、良いデッキです。

ウィニー(軽量クリーチャー中心のデッキ)よりは多少展開が遅いですが、ライフ回復+クリーチャー強化のコンボが決まれば圧勝することも多々あります。

他のカードと動かし方

ライフを得る手段としては、

飛行に絆魂(ダメージを与えるたびに、与えたダメージ分のライフを得る)を持つ癒し手の鷹、他のクリーチャーが場に出るたびに1点のライフを得ることができる、情熱的な扇動者、一時的なパワーアップに絆魂を付与できる勇壮の時、相手クリーチャーをタップしてブロック不能にしてから自分のクリーチャー全てに絆魂を付与する規律の絆などがあります(白黒の2色土地である磨かれたやせ地も、場に出ただけで1点のライフを得られます)。

これらを使ってライフを回復し、アジャニと曲芸師をパワーアップしていきます。

エルドレインの王権で回復手段が増えた現在では全然別のアジャニデッキが組めそうなので、余裕があったら作ってみますね(注:今回のデッキにはエルドレインの王権カードは採用していません)。

このデッキでは黒き剣のギデオン群れの力、アジャニ2体のプレインズウォーカーを採用しています。

黒き剣のギデオンは、自分のターンにはクリーチャー扱いにもなる頼もしいプレインズウォーカーです。白の計3マナで出せるのも強いですね。

忠誠度能力により、他のクリーチャーには絆魂を付与して、クリーチャーのアジャニと血に飢えた曲芸師を強化できます。

群れの力、アジャニの忠誠度能力は、

自軍のクリーチャーの数だけライフを得る、

アジャニの群れ仲間と同様のクリーチャー・トークンを戦場に出す、

ライフが35点以上(正確には総ライフがゲーム開始時より15点多いとき)の場合はこのカードと相手のクリーチャー、アーティファクトをまとめて追放する、の3種類あります。

状況に応じて使い分けてください。

ケイヤの誓いも自軍のプレインズウォーカーへの攻撃の対抗策(バーン+ライフ回復)になりえて、なかなかに優秀なカードです。

屈辱は強力なクリーチャーや、厄介なエンチャントを破壊するのに非常に便利な(汎用)除去カードです。

追記 ギデオンの中隊も良いね!

ギデオンの中隊アジャニの群れ仲間の上位種(上位互換ではありません)で、マナ・コストは白の計4マナ。

ステータスは3/3で、自分がライフを得るたびに+2/+2(+1/+1カウンターを2個置く)されます。

召喚と同じマナ・コストを支払うたびに、ギデオン・プレインズウォーカー1体に忠誠カウンターを1個置く能力もありますが、こちらはおまけ程度で良いかと思われます。

インポート用データ

デッキレシピはこちらからインポートできます!↓

平均マナ・コストは2.7になります。

4 アジャニの群(む)れ仲(なか)間(ま) (WAR) 4
11 平(へい)地(ち) (M20) 264
4 群(む)れの力(ちから)、アジャニ (M20) 2
4 屈(くつ)辱(じょく) (RNA) 192
4 情(じょう)熱(ねつ)的(てき)な扇(せん)動(どう)者(しゃ) (RNA) 12
4 血(ち)に飢(う)えた曲(きょく)芸(げい)師(し) (M20) 91
4 磨(みが)かれたやせ地(ち) (M20) 251
4 ケイヤの誓(ちか)い (WAR) 209
3 黒(くろ)き剣(けん)のギデオン (WAR) 13
4 癒(いや)し手(て)の鷹(たか) (GRN) 14
8 沼(ぬま) (WAR) 258
2 規(き)律(りつ)の絆(きずな) (WAR) 6
4 勇(ゆう)壮(そう)の時(とき) (M20) 30

ABOUT ME
書い人(かいと)
書い人(かいと)
MTGアリーナの最前線を駆け抜けている管理人です。 強いデッキをたくさん作る予定ですので、よろしくお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です