デッキ紹介

【赤単・コンボデッキ】『災厄のトーブラン』デッキ【災厄の行進その2】

樹上の草食獣
樹上の草食獣
ん? また新しい災厄の行進がきているぞ? トーブランって誰だ?

キーカード 朱地洞の族長、トーブラン

はい、新パック『エルドレインの王権』で登場した伝説のクリーチャー、ドワーフ・貴族です。

これが出ていれば前に紹介した災厄の行進の効果が1点→3点ダメージになります。

正確には赤からのダメージが全て+2されます。

赤クリーチャーの攻撃によるダメージも同様に+2ですが、計算上はまず1点のダメージとなるので、災厄の行進の効果はしっかりと発動します。

伝説のクリーチャーということで、場に1体までしか出せません。

今回はできるだけ早くシナジーのあるカードを出して、コンボで決着を付けるデッキタイプになります。

『災厄の行進』デッキとの変更点

前回紹介した『災厄の行進』デッキと比べ、除去カード(ショック溶岩コイル)、プレインズウォーカーの炎の侍祭、チャンドラを引き抜きました。

代わりに土地が20枚→24枚に増え、ドローソースを増やしました。

追加した2枚のドローソースです。

舞台照らし前の記事を参照)は言わずもがなで入れています。

全てはトーブランを引くためです。これが引けないと、勝利は難しいですね。

ドローソースが増えたおかげで災厄の行進も引き当てやすくなっています。

戦術(コンボ)

トーブランさえ出ていれば、クリーチャーの攻撃も全て1点→3点ダメージに変貌します。

災厄の行進チャンドラの吐火を場に出せれば、そのまま一気にフィニッシュになるかもしれません。

特に災厄の行進が2枚以上出れば、勝ったも同然ですね。

逆にコンボが完成する前に押し切られることもままあるので、まだ改善や、別デッキにトーブランを採用するのも良さそうです。

樹上の草食獣
樹上の草食獣
まだまだ研究中ってとこだな。

インポート用データ

こちらが、インポート用データになります。

デッキの平均マナ・コストは2.2になります。

4 焦がし吐き (M20) 159
24 山 (RIX) 195
4 ブリキ通りの身かわし (RNA) 120
4 舞台照らし (RNA) 107
4 災厄の行進 (RNA) 95
4 胸躍る可能性 (ELD) 146
4 危険因子 (GRN) 113
4 松明の急使 (GRN) 119
4 チャンドラの吐火 (M20) 132
4 朱地洞の族長、トーブラン (ELD) 147

ありがとうございました。

ABOUT ME
書い人(かいと)
書い人(かいと)
MTGアリーナの最前線を駆け抜けている管理人です。 強いデッキをたくさん作る予定ですので、よろしくお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です