デッキ紹介

アーティファクトをコピーしまくり、『コピー・アーティファクト』デッキ

樹上の草食獣
樹上の草食獣
あんまり日の目を見ない(?)、アーティファクトデッキの紹介だぞ。

メインのクリーチャーたち

ジンジャーブルート……は普通に強いですが、アイキャッチ画像で既に説明を終えているような気がするので、説明は止めておきます(有用ですけどね)。

ジンジャーブルートは、エルドレインの王権の象徴的なカード(の1つ)ですね。

鋼の監視者はタップすると各アーティファクト・クリーチャー(つまり、全てに)+1/+1カウンターを1個置く能力を持ちます。

後述のクリーチャーなどで、さらに追加で能力を発動させられます。

通路の監視者は、戦場に出たとき、自軍のタップ済みアーティファクト1つを選択し、アンタップする能力を持ちます(ない場合はアンタップ済みのカードを選択する必要がありますが、これは無意味)。

2マナで1/4なので、ブロッカーとしても優秀です。

よろめく鎧は、自軍のアーティファクト、またはエンチャントの総数に等しいパワーを持つクリーチャーです。

このクリーチャー自身もアーティファクトなので、総数に加算されます。

低コストでクリーチャーを並べられるデッキですので、鋼の監視者の能力と組み合わせて、非常に頼もしい強さがあります。

クリーチャー以外のカード

土地は島が24枚です。

余裕があればヴァントレス城を島4枚と引き換えて、4枚積みにしておきたいところですね。

アーティファクトのお供、多用途の鍵です。

1マナで場に出せて、さらに1マナとタップで他のアーティファクト1つをアンタップします。

3マナとタップを選んだ場合は、クリーチャー(アーティファクトでなくとも対象にできます)をそのターン、ブロックされなくします。

状況に応じて、多用途に使い分けてください。

余談ですが、漫画『デュエル・マスターズ』の初期に登場した、通電式キーを彷彿とさせるカードです(多用途の鍵はこのカードのほぼ上位互換らしいです)。

通電式キーを使っていたその決闘者(デュエリスト、難波金太郎)も、アーティファクト・デッキの使い手でした。

それぞれ、アーティファクトかエンチャント、またはクリーチャーをコピーできるカードです。

前者では多用途の鍵をさらに増やして鋼の監視者の能力を複数回使ったりできます。

無論、単純にアーティファクト・クリーチャーを増やすのも効果的です。

後者はクリーチャー限定のコピーカードですが、再活もついていますので、必要に応じて再利用してください。

啓示の終焉です。

4枚積みするかは悩みましたが結局そうしました。

青2マナ(ダブルシンボル)に加え、任意の(X)マナを支払った数だけ、デッキ(ライブラリー)からカードを引けます。

Xが10以上の場合は、墓地をライブラリーに加えて切り直したあとでX枚引き、その後土地最大5つをアンタップし、手札の上限を失くすという強烈なおまけが付いてきます。

そこまで行けるかはともかく、このデッキは手札・クリーチャーの消費(あるいは戦場に出す)が激しく、かなりの速攻型です。

その分(白などの)クリーチャーの全体除去などで一気に劣勢になる可能性もあるので、いざという時のためのとっておきで使ってください。

また、必ずしもXを10以上支払う必要はありません。でも、支払いたいですよねー。

サイドボード

今回は初めてサイドボードについて考えました。

主なカードはこの2種類。

魔術遠眼鏡は、手札を1枚見て、その後任意のカード名を選び、同名のカードの起動型能力を使用不可能にします。

相手のプレインズウォーカー対策などになりますね。

サイドボードとしてはかなり良いカードだと思っています。

石とぐろの海蛇は、マナ・コストが無色のX(色を問わず、任意の数値を支払う)のため、最速1ターンで場に出せ、到達・トランプル・プロテクション(多色)持ちです。

もちろん、マナはたくさん支払ったほうが強いです。

自己強化などには事欠かないデッキですので、相手が多色デッキだった場合の2戦目以降に選ぶなどの柔軟な戦術が取れます。

はじめからメインで運用しても良い気がしますが、そこの取捨選択は各プレイヤーに任せます。

追記

土地に平地や2色土地を混ぜて、きらきらするすべてを入れても面白いかもしれません。

計2マナと軽いですし、簡単にクリーチャーを強化できます。

また、存在を見落としていたカードで湖に潜む者、エムリーがあります。

アーティファクトを2つ以上コントロールしていたら青1マナで唱えられる伝説(場に1体までしか出せない)のクリーチャー(マーフォーク・ウィザード)です。

また戦場に出たとき、ライブラリーのトップから4枚墓地に送ります。

さらに、タップすることで墓地にあるアーティファクトカード1枚を唱えることができます(マナ・コストは支払う必要があります)。

インポート用データ 1と2

平均マナ・コストは2.0です。うん、軽い!

4 鋼の監視者 (M20) 239
4 ジンジャーブルート (ELD) 219
4 多用途の鍵 (M20) 230
4 ロークスワインのガーゴイル (ELD) 225
4 通路の監視者 (ELD) 41
4 よろめく鎧 (ELD) 230
4 模写 (GRN) 51
4 鏡細工 (ELD) 55
24 島 (ELD) 257
4 啓示の終焉 (WAR) 51

4 魔術遠眼鏡 (ELD) 233
4 知りたがる人形 (ELD) 223
3 金床鋳込みの猛禽 (M20) 221
4 石とぐろの海蛇 (ELD) 235

人気の記事なので(更新時点ではランキング1位)、現在の使用中のデッキも載せておきますね。

こちらの平均マナ・コストは1.9です。軽くなった上に強化されています(笑)。

まあ、石とぐろの海蛇がXマナなのが大きいのでしょうけど。

エムリーを追加したい場合は、模写と交換するなどしてください。

デッキ
4 鋼の監視者 (M20) 239
4 ジンジャーブルート (ELD) 219
4 多用途の鍵 (M20) 230
4 石とぐろの海蛇 (ELD) 235
8 平地 (ELD) 252
4 よろめく鎧 (ELD) 230
4 模写 (GRN) 51
4 鏡細工 (ELD) 55
12 島 (ELD) 257
4 啓示の終焉 (WAR) 51
4 きらきらするすべて (ELD) 2
2 神聖なる泉 (RNA) 251
2 平穏な入り江 (M20) 259

サイドボード
4 魔術遠眼鏡 (ELD) 233
4 知りたがる人形 (ELD) 223
3 金床鋳込みの猛禽 (M20) 221
4 ロークスワインのガーゴイル (ELD) 225

ありがとうございました!

ABOUT ME
書い人(かいと)
書い人(かいと)
MTGアリーナの最前線を駆け抜けている管理人です。 強いデッキをたくさん作る予定ですので、よろしくお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です