デッキ紹介

【赤単】『災厄の行進』デッキ

樹上の草食獣
樹上の草食獣
災厄の行進!? なんか物騒なネーミングだなあ……。

 

災厄の行進について

わりとわかりやすいカードです。

かいつまむと、パワーが1以下のクリーチャーが攻撃するたびに攻撃対象にした相手プレインズウォーカーか対戦相手そのものに1点のダメージを与えるエンチャント・カードです。

樹上の草食獣
樹上の草食獣
ちなみにワイもパワー1以下(というか0)! (注:このデッキでは樹上の草食獣は採用していません)

面倒なパワー・タフネスともに1のクリーチャーを多数採用しているため、相手のブロックにどう対処するかが肝になります。

採用したパワー1クリーチャーズ

松明の急使は速攻持ちで、生け贄に捧げれば後述のチャンドラの吐火に速攻を付与してフィニッシャーにさせたりできます。

焦がし吐きは攻撃するたびに、災厄の行進と同じような1点ダメージを相手プレインズウォーカー、または対戦相手に与えます。速攻を持っていないところは注意。

ブリキ通りの身かわしは、速攻持ちで、赤1マナを使用すれば、防衛を持ったクリーチャー以外にはブロックされない『すりぬけ』的な能力を1ターンの間得られます。

ブロックされたら破壊されてしまう……という場合にも、この能力で『身かわし』ましょう。

チャンドラの吐火は戦闘ダメージ以外のダメージが相手プレイヤーに与えられるたびに、パワーが+3されます。

災厄の行進や焦がし吐きととてつもなくシナジー(相性)が良いので、4枚積みしたほうが良いですね。普通にパワー10以上とか行きます。

炎の侍祭チャンドラ(採用プレインズ・ウォーカー)

3マナで場に出せ、速攻持ちの1/1、エレメンタル・クリーチャー・トークンを出せます(ターンの終わりに生け贄に捧げます)。

忠誠度の-2起動能力では、自分の墓地にあるコストが3以下のインスタントかソーサリーを唱えることができます(ただし、マナ・コストは別途要求されます)、厄介な相手クリーチャーなどをショックや溶岩コイルで再度焼いたりするのに使えます。

その他カード

 

ショック溶岩コイルは相手クリーチャーの除去カードです(おおむねそのつもりで採用)。

舞台照らしは相手ライフを失っているときに赤1マナで唱えられ、実質、一時的とはいえ2枚カードをドローできます(そのカード2枚は次の自分のターン終了時に使えなくなります)。

最後はゴブリンの集会です。

樹上の草食獣
樹上の草食獣
集会は英語でgathering(ギャザリング)!

3マナは重めですが、墓地にある同じカードの枚数に2を足した数だけ1/1のゴブリン・クリーチャー・トークンを生成します。

つまり、最初は2体のゴブリンを出せるわけですね。

ゲーム名と同じギャザリングって良いよなあ、と思って採用していますが、引き抜いて他のクリーチャー除去用カードを入れるのも手です。

樹上の草食獣
樹上の草食獣
ときには非情な判断も必要なのだ……(知ったような顔)。

インポート用データ

こちらがインポートできるデータです。全部をコピーして、デッキ構築画面でインポートをクリックすればでき上がります(カードが足りない場合は未完成のまま構築されるはずです)。

デッキの平均マナ・コストは2.0です。

4 焦(こ)がし吐(は)き (M20) 159
20 山(やま) (RIX) 195
4 ブリキ通(どお)りの身(み)かわし (RNA) 120
4 舞(ぶ)台(たい)照(て)らし (RNA) 107
4 災(さい)厄(やく)の行(こう)進(しん) (RNA) 95
4 溶(よう)岩(がん)コイル (GRN) 108
4 炎(ほのお)の侍(じ)祭(さい)、チャンドラ (M20) 126
4 松(たい)明(まつ)の急(きゅう)使(し) (GRN) 119
4 チャンドラの吐(と)火(か) (M20) 132
4 ショック (M20) 160
4 ゴブリンの集(しゅう)会(かい) (RNA) 104

ありがとうございました!

ABOUT ME
書い人(かいと)
書い人(かいと)
MTGアリーナの最前線を駆け抜けている管理人です。 強いデッキをたくさん作る予定ですので、よろしくお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です