デッキ紹介

【黒単】『ハンデス(手札破壊)』デッキ!!

樹上の草食獣
樹上の草食獣
手札がなければ、どれだけ土地・マナがあっても無意味なんだなあ

デッキの説明・概要(がいよう)

相手の手札を捨てさせる能力のあるカードで相手の手札を1枚ずつ削っていきます。

また、クリーチャーの除去カードもそれなりに投入しているので、盤面制圧(コントロール)力も高いです。

手札破壊(ハンデス)系カードたち

初期忠誠度3でマイナスの起動能力しか持ちませんが、毎ターンカードを1枚捨てさせられます(最大3回まで)。

また、常在型能力は、相手ターンの開始時(ドローの前)にその手札が1枚以下だった場合にそのプレイヤーに2点のダメージを与えるというもの。

無論、このデッキとの相性は最高です。

ハンデス用のソーサリーです。

いずれも黒の1マナで唱えられます(ドリルビット絢爛能力持ちで、そのターンに相手がライフを失っているときのみ3マナ→1マナにして唱えられます)。

思考囲い

問答無用で強いです。

ヒストリック・フォーマットのアモンケットリマスター・パックに収録されたカードです。

自分は2点のライフを失いますが、序盤から相手の手札にある優秀なカード(コンボパーツなど)を捨てさせられます。

強迫はクリーチャー(と土地)は捨てさせられませんが、ドリルビットならクリーチャーも捨てさせることができます。

黒の2マナで唱えられる(召喚できる)クリーチャーズです。

追放か捨てるかの違いはありますが、相手の手札を除去できます。

ヤロクの沼潜みは、おまけで黒の3マナを支払えば、ターン終了時まで+1/+1の修正を受けられるので、微弱ながら戦闘で優位に立てる場合もあります。

除去・盤面制圧(コントロール)用カードたち

疫病造り師は、戦場に出たときに各プレイヤーにクリーチャー1体かプレインズウォーカー1体を生け贄に捧げることを強制させます。それができないプレイヤーは、それぞれ手札を1枚捨てます(さらに、それもできない場合の追加能力とかはありません)。

相手盤面のクリーチャーまたはプレインズウォーカーが1枚とかの場合は確実に除去できるので、展開手段に乏しくするこのデッキでは非常に有用です。

残忍な騎士は2点のライフを失う代わりに、クリーチャーまたはプレインズウォーカーを破壊することができる出来事持ちのクリーチャーです。

クリーチャーとして唱えた場合も、絆魂(与えたダメージ分、自分がライフを得る)を持つため失った分のライフ吸収もしやすいかと。

煤の儀式は、自分の黒デッキではすっかりおなじみとなった感のあるカードです。

黒の4マナで、マナコストが3以下のクリーチャーを全て破壊します。

アグロ(速攻)型のデッキに対応する感じですね。

その他、有用なカードたち

小物泥棒、チビボネ

各終了ステップの開始時に、このターンに対戦相手がカードを捨てていた場合、あなたはカードを1枚引き1点のライフを失う。
(4)(黒)(黒):手札にカードがない各プレイヤーは10点のライフを失う。

神話レアのクリーチャー・スケルトン・ならず者で、相手にカードを捨てさせていると自分は1点のライフと引き換えにカードを1枚引けます。

手札にカードがないプレイヤーに、黒の6マナで10点のライフを失わさせられるのも強力な起動型能力ですね!

真夜中の死神は、トークン以外の自軍クリーチャーが死亡するたび(真夜中の死神を含む)に自分が1点のライフロス、そしてカードを1枚引き(ドロー)ます。

疫病造り師煤の儀式で能動的に除去することで、手札の大幅な増強ができるわけです。

ライフは死亡したクリーチャーの数×1点分を失うので、自爆しないよう注意してください。

悪ふざけの名人、ランクルは、黒の4マナで、飛行、速攻持ち。

さらに相手プレイヤーにダメージを与えるたびに、3つの能力から最大3つまでを選んで発動できるチートクリーチャーです。

伝説なので場に1体までしか残せませんが、その分凶悪な能力を持ちます。

以下が選べる能力です↓

・各プレイヤーはそれぞれカード1枚を捨てる。

・各プレイヤーはそれぞれ1点のライフを失いカードを1枚引く。

・各プレイヤーはそれぞれクリーチャー1体を生け贄に捧げる。

プレイヤー全員に、ハンデス、ルーター(手札交換)、クリーチャー除去というその名の通り悪ふざけに過ぎる能力です。

この能力は(当然ながら)、自分も対象になるのに注意してくださいね。

サイドボード

コストが2マナ以下のクリーチャーをすべて追放し、手札も公開させてさらに同じ名前のクリーチャーをすべて追放させます。

同じクリーチャーを並べやすいアグロ主体のデッキには当てはめて見てください。

こちらもアグロ対策です。

殺害を入れてもいいかな?

インポート用データ

平均マナ・コストは2.8になります

デッキ
4 はぐれ影魔道士、ダブリエル (WAR) 83
20 沼 (ELD) 261
4 泥棒ネズミ (GRN) 64
4 疫病造り師 (GRN) 82
4 ヤロクの沼潜み (M20) 123
4 残忍な騎士 (ELD) 97
4 真夜中の死神 (GRN) 77
3 強迫 (M20) 97
3 ロークスワイン城 (ELD) 241
3 煤の儀式 (GRN) 84
4 ドリルビット (RNA) 73
3 悪ふざけの名人、ランクル (ELD) 101

サイドボード
4 見栄え損ない (M20) 95
4 殺害 (M20) 109
4 軍団の最期 (M20) 106
1 強迫 (M20) 97
2 死の重み (GRN) 67

インポート用データ2(調整版)

平均マナ・コストは2.2。土地は24枚採用しています。

デッキ
4 抜去 (DAR) 87
20 沼 (KLR) 293
4 強迫 (M21) 96
4 思考囲い (AKR) 127
3 エルズペスの悪夢 (THB) 91
3 遺跡の碑文 (ZNR) 108
4 血の長の渇き (ZNR) 94
4 残忍な騎士 (ELD) 97
2 霰炎の責め苦 (AKR) 128
4 大群への給餌 (ZNR) 102
4 恐怖の神、ターグリッド (KHM) 112
4 ロークスワイン城 (ELD) 241

 

恐怖の神、ターグリッド/ターグリッドのランタン(両面カード)はカルドハイムパックで追加されたハンデス系デッキのお供です。

威迫
対戦相手1人がトークンでないパーマネント1つを生け贄に捧げるかパーマネント・カード1枚を捨てるたび、あなたは墓地からそのカードをあなたのコントロール下で戦場に出してもよい。

タップ:プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーが土地でないパーマネント1つを生け贄に捧げるかカード1枚を捨てないかぎり、そのプレイヤーは3点のライフを失う。
(3)(黒):ターグリッドのランタンをアンタップする。

最後は霰(あられ)炎の責め苦でトドメを刺します。

次の手順をX回繰り返す。各対戦相手は、それぞれそのプレイヤーが土地でないパーマネント1つを生け贄に捧げるかカード1枚を捨てるかしないかぎり、3点のライフを失う。

言うまでもなく、恐怖の神、ターグリッドとの相性は抜群です。

ご自由に調整してください。

ありがとうございました!!

ABOUT ME
書い人(かいと)
書い人(かいと)
MTGアリーナの最前線を駆け抜けている管理人です。 強いデッキをたくさん作る予定ですので、よろしくお願いします!