デッキ紹介

【青黒・エンチャント・オーラ】『憎しみのアフィミア』デッキ

樹上の草食獣
樹上の草食獣
盤面を制圧しつつ、手札アドバンテージの獲得と、ゾンビ・トークンの大量生成を狙おう!!

採用クリーチャー4種

採用したクリーチャーは「憎しみの幻霊」、「騒音のアフィミア」、「万面相、ラザーヴ」、「灯の分身」の4種です。

ラザーヴのみ2枚採用で、残りは4枚の計14枚をメインデッキに入れています。

それぞれの説明を以下に記していきます。

憎しみの幻霊は黒1マナの1/2、エンチャント・クリーチャーで、能力は、エンチャントされているクリーチャーが死亡するたび、あなたがコントロールしていてそれにつけられていたオーラ1つにつきカードを1枚引く、というもの。

マイナス修整のオーラ・カードなどで相手クリーチャーのタフネスを0以下にし、死亡させることで自分がドロー(カードを引く)、というのがメインの運用方法になります。

絆魂(相手に与えたダメージ分、自分がライフを回復する)持ちなのも地味に嬉しいですね。

騒音のアフィミアは、黒の2マナで飛行を持つ2/1の伝説(場に1体にしか残せない)のエンチャント・クリーチャーで、ターン終了時に自分の墓地からエンチャント・カード(エンチャント・オーラカードも含みます)1枚を追放することで黒の2/2のゾンビ・クリーチャー・トークンを1体生成する、という能力を持ちます。

前述のように伝説なので、場に1体しか出せませんので、大量にエンチャント・カードを追放したいときは下記のクリーチャー・カード2種を使います。

万面相、ラザーヴは、青黒1マナずつ、1/3の伝説のクリーチャーです。

場に出たときに諜報1(ライブラリー・デッキの1番上のカードを見て、そのカードを墓地に置くかそのままにする)を行います。

墓地にあるクリーチャーの点数で見た召喚マナ・コストと同じ数のマナを支払うことで(おおむね好きなタイミングで起動できます。インスタント呪文と同じ感覚?)、名前はラザーヴのままコピーできます。

伝説なのは変わりませんが、名前が万面相、ラザーヴのままですので、墓地にいるアフィミアのコピーにした場合でも、戦場にまた別のアフィミアにいる場合はアフィミアにコピーしたラザーヴ、普通のアフィミア、どちらも、戦場に残り続けられます。

伝説のクリーチャーが2体並べられるわけですね。

また、ゲームの進行によってはラザーヴを憎しみの幻霊のコピーとするのも良いでしょう。

コピーするクリーチャーは墓地に居る必要がありますので、そこだけは注意(ただし、コピー後にコピーを参照したクリーチャーが手札や戦場に戻ってもラザーヴのコピーは解除されません。そのままです)。

ラザーヴ自体が伝説なため、採用は2枚に限りました(体感ではなぜかやたら引ける印象がありますが、多分、それだけ存在感のあるカードだからなのでしょうね)。

灯の分身はクリーチャーかプレインズウォーカーのコピーとなる青の4マナのクリーチャーになります。

また、伝説が外れるため、アフィミアやこのデッキに採用した(後述)戦慄衆の将軍、リリアナの2枚目のコピーなどにも使えます。

ちなみにクリーチャーの場合はカウンターが+1/+1され、プレインズウォーカーはもともとの忠誠度カウンターに+1された状態で戦場に出ます。

コストは重めですが、それに見合った活躍はしてくれます。

採用枚数は3枚に抑えても良いかもしれません。

除去用エンチャント・カード(オーラ)

死の重みぬかるみの捕縛はわかりやすすぎるので、説明は不要ですね。

基本的に相手クリーチャーに使いましょう(憎しみの幻霊を複数体コントロールしているなどすれば、他の自軍クリーチャー、例えばゾンビ・トークンなどに使ってもいいですね)。

避け難い最期は、これでエンチャントされたクリーチャーのオーナーのターン開始時に、クリーチャー1体を生け贄に捧げる、というのを強制させます。

相手のクリーチャーが1体だけなら実質的な確定除去となる黒の3マナのエンチャント・オーラです。

また、相手が「こいつだけは除去させたくない」と思う場合は他のクリーチャーを生け贄に捧げるわけで、まさに避け難い最期となるわけですね。

非常に盤面制圧(コントロール)力の高いカードですので、使いどころを考えて唱えましょう。

その他のエンチャント・カード

ケイヤ式幽体化は黒の1マナで唱えられ、自分のクリーチャーかプレインズウォーカーにエンチャント(つける)するオーラ・カードです。

その能力は単純明快で、エンチャントしているパーマネントが死亡するか追放領域に置かれたとき、そのカードをあなたのコントロール下で戦場に戻す、というもの。

除去されても復活するわけです。プレインズウォーカーの場合は忠誠度が初期値にリセットされます。便利ですね―。

正直、黒1マナでこれは破格の性能だと思っています。追放される場合にも対応していますし、2~3マナくらいでも良かったんじゃないかなー(注:個人的の感想です)。

死者の神のお告げは、瞬速(インスタントと同じタイミングで唱えられる)を持ち、コストは黒の1マナ。

場に出たときに、墓地のクリーチャー・カードを1枚手札に戻します。

また、黒の3マナを支払い、このカードを生け贄に捧げることで占術2(ライブラリー・デッキの上から2枚、カードを確認して、それぞれのカードをそのままにするかデッキの1番下に置くことを選べる)を行えます。

ティマレット、死者を呼び出すは、黒の3マナのエンチャント・英雄譚(えいゆうたん)です。

能力は、戦場に出たときと、次の自分のターンの開始時には、あなたのライブラリーの一番上からカードを3枚あなたの墓地に置く。その後、あなたはあなたの墓地からクリーチャーかエンチャントであるカード1枚を追放してもよい。そうしたなら、黒の2/2のゾンビ・クリーチャー・トークンを1体生成する、というもの。

いわゆる墓地肥やし(墓地にカードを溜める)とゾンビ・トークンの生成能力です。

さらに、その次の自分のターンの開始時に、自軍のゾンビ・クリーチャーの数(X)だけ占術Xを行い、X点のライフを得ます。

このとき参照するゾンビ・クリーチャーは、この英雄譚で出されたゾンビ・クリーチャー・トークンでなくても問題ありません。

このデッキの場合は、アフィミアで生成したゾンビ・トークンもXに加算されるわけです。

最後の能力の発動後、このカードは墓地に送られます(生贄に捧げられる)。

いざというときの、『戦慄衆の将軍、リリアナ』

リリアナは、十分にその名が知れ渡っているような気がしてならない、強力な黒の6マナのプレインズウォーカーです(基本忠誠度は6)。

コストが思いため、2枚の採用に留(とど)めました。

常在型能力は、自軍のクリーチャーが1体死亡するたびに、自分が1枚ドローできるというもの。

これだけでも十分強力ですね。

起動型能力は、それぞれ、

+1:黒の2/2のゾンビ・クリーチャー・トークンを1体生成する。

-4:各プレイヤーはそれぞれクリーチャー2体を生け贄に捧げる。

-9:各対戦相手はそれぞれ、パーマネント・タイプ1つにつき、そのタイプであり自分がコントロールしているパーマネント1つを選び、残りを生け贄に捧げる。

となっています。

特に-9能力は実質的なフィニッシャー(トドメの一撃)となり得ますので、発動できたら気持ちが良いですね!(土地も含めて、各種パーマネント(戦場に残り続けるカードのこと、インスタントやソーサリー以外のカードです)を1枚だけしか戦場に残せなくなります)

灯の分身を使ってコピーした場合の凶悪性は、言うまでもありませんね。

サイドボード

モーギスの好意や下僕の復活などを入れました。

あまり拡張の幅の広いデッキでもないので、この程度が限界です。

インポート用データ

平均マナ・コストは2.2、土地は21枚採用しています。

2色土地(レア土地)などの枚数は、お好みで調整してください。

デッキ
4 死の重み (GRN) 67
8 沼 (THB) 283
4 死者の神のお告げ (THB) 110
4 憎しみの幻霊 (THB) 101
4 ぬかるみの捕縛 (THB) 106
4 騒音のアフィミア (THB) 84
3 ケイヤ式幽体化 (WAR) 94
3 ロークスワイン城 (ELD) 241
2 戦慄衆の将軍、リリアナ (WAR) 97
4 ティマレット、死者を呼び出す (THB) 118
2 万面相、ラザーヴ (GRN) 184
4 灯の分身 (WAR) 68
4 島 (THB) 281
2 湿った墓 (GRN) 259
4 欺瞞の神殿 (THB) 245
4 避け難い最期 (THB) 102

サイドボード
4 下僕の復活 (THB) 104
4 モーギスの好意 (THB) 107
3 死の夜番のランパード (THB) 103
4 エルズペスの悪夢 (THB) 91

追記:インポートしようとしても、「不正な行があります」、と出てできないようです。

MTGアリーナ側のエラー(問題)だと思いますので、なるべく早く直ることを祈っています。

ありがとうございました!

ABOUT ME
書い人(かいと)
書い人(かいと)
MTGアリーナの最前線を駆け抜けている管理人です。 強いデッキをたくさん作る予定ですので、よろしくお願いします!