カード紹介

【3マナ】現環境で優秀な3マナクリーチャーを紹介していくよ!(多色編)

樹上の草食獣
樹上の草食獣
多種多様、強力能力持ちが多いぞ!

拘留代理人

場に出た時、このクリーチャーが戦場を離れるまで、土地以外のパーマネント(戦場にとどまっているカードのこと)1つを対象とし、同じ名前を持つパーマネントを含めて追放します。

対象となるパーマネントは幅広いので、活躍が見込めます。

正気泥棒

2/2で、飛行持ちのクリーチャー・スペクターになります。

プレイヤーに戦闘ダメージを与えるたびに、そのプレイヤーのライブラリー(山札)から3枚見て、そのうち1枚を裏向きに追放し(この追放したカードは相手は確認できません)、残りの2枚は墓地に置かれます。

さらに、『そのカードが追放され続けているかぎり、あなたはそれを見てもよく、あなたはそれを唱えてもよく、あなたはその呪文を唱えるために任意のマナを望むタイプのマナであるかのように支払ってもよい。』という能力になります。

マナ拘束無しで唱えられるのは強いですが、相手のデッキに頼ることにもなるので、使い方は工夫の余地がありそうです。

秘本綴じのリッチ

接死と絆魂を持った1/3のクリーチャー・ゾンビ・ウィザードになります。

タフネスが高めなので、攻撃はしやすいです。

いわゆるルーター能力(手札交換。カードを1枚引き、その後カードを1枚捨てる)持ち。

攻撃を通して、ルーター能力を発動させるか、ブロックされることによる相手クリーチャーの破壊(接死持ち)が基本戦術になりそうです。

場に出た時もルーター能力は発動(強制能力です)しますので、ちょっと注意。

再活(あなたはあなたの墓地から、このカードを、これの他のコストの支払いに加えてカード1枚を捨てることで唱えてもよい。その後、このカードを追放する、という能力)を多めに採用したデッキなどでは応用しやすいかもしれません。

災いの歌姫、ジュディス

場に出ていれば、他の味方クリーチャーに+1/+0の修整を受けさせ、トークン以外のクリーチャーが死亡するたび、任意の対象に1点のダメージを飛ばすことができる、伝説(場に1体しか残せない)のクリーチャー・人間・シャーマンです。

ステータスは2/2と少し心もとないですが、場に残せさえすれば、味方クリーチャーを特攻させることでブロックされずにダメージを通すか、ブロックさせて味方クリーチャーが死亡することで1点ダメージ×死亡数を飛ばす二者択一を相手に迫れます。

意図的な生け贄要員やそのトリガー(意図的に生け贄に捧げる)カードを多数採用したデッキ(『アリストクラッツ』デッキ)でも有用。

猛威を振るえるので、覚えておいて損はないはずです。

波乱の悪魔

敵味方を問わず、プレイヤーがパーマネントを生け贄に捧げるたびに、任意の対象に1点のダメージを飛ばす能力を持っています。

こちらはジュディスとは違い、伝説でもありませんし、素のステータス3/3と、3マナの能力持ちにしては高めです(ジュディスと違ってやや扱いづらいためと思われる)。

ジュディスと同様のデッキ構築で役立ちます。

抜け目ない狩人

攻撃するか、ブロックに参加するたびに、食物・トークンを1つ生成します。

また、この自分のコントロールする抜け目ない狩人が戦場に存在する限り、食物2つを生け贄に捧げることで、自分がカードを1枚引けるようになります。

元のステータスも3/3と3マナとしては十分です。

エンチャントなどで強化してあげると、より頼もしくなると思います。

力線をうろつくもの

接死と絆魂を持ち、タップすることで好きな色のマナ1点を加えることができます。

ステータスは2/3と、タフネスは3ありますのでブロッカーとしてもある程度は使えます。

器用貧乏になりがちかもしれませんが、中盤以降のマナ加速には有用だと思います。

かなりの多色デッキを組んでみるのも面白いかもしれませんね。

贖いし者、フェザー

飛行と、3/4という優れたステータスを持ち、なによりもサイズ・パワーアップなど、自軍のクリーチャーを対象として唱えたインスタントやソーサリーを一時的に追放し、ターンの終わりに手札に戻す、という独特な能力を持っています。

これにより、呪文を再度利用可能になるわけです。

元の性能だけでも十分強力なため、デッキカラーが合うなら普通に投入を検討するのもアリです。

発現する浅瀬

ステータスは1/1と、パワーがあるだけマシかな程度ですが、このクリーチャー自身や、他の自軍、クリーチャー・エレメンタルが場に出るたびにライブラリー(デッキ)からカードを1枚見て手札に加えるか、土地の場合はタップ状態で場に出すことを選べます(土地は場に出さずに手札に加えたままにすることもできます。1マナ支払わないと生け贄に捧げられてしまうデメリット土地だった場合で支払うべきマナがない、などを除きあまり意味はありませんが)。

とにかく手札増強能力が強力で、場に出た時点で1枚引けるのは頼もしいの一言ですね。

ちなみに、この能力はドロー扱いではありません。

ライブラリーが0枚のときにこの能力が発動しても敗北にはなりません。次の自分のドロー・ステップ時などでカードを引くときに0枚だったら負けますが(笑……えない?)。

クリーチャー・エレメンタルを多数採用したデッキでは当然、投入されるクリーチャーになります。

 

次は4マナ帯か、それとも別のカードまたはデッキの紹介になると思います(未定と言ったら早い説。書く気力は残っています)!

ありがとうございました!

ABOUT ME
書い人(かいと)
書い人(かいと)
MTGアリーナの最前線を駆け抜けている管理人です。 強いデッキをたくさん作る予定ですので、よろしくお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です