カード紹介

【3マナ】現環境で優秀な3マナクリーチャーを紹介していくよ!(単色編)

樹上の草食獣
樹上の草食獣
3マナ帯はやたらと強いクリーチャーが多かったような気がする~ (特に黒)。

ロークスワインの元首、アヤ―ラ

【黒単】生け贄を捧げて勝利せよ!『戦慄のアヤーラ』デッキで大きく取り上げたカードです。

主な使い方はリンク先をどうぞ。

黒のクリーチャーが出るか生け贄に捧げるたびに能力を発動するので、黒単のサクリファイス(生け贄)系デッキで威力を発揮します。

疫病造り師

このクリーチャーは、戦場に出たときに各プレイヤー(自身を含む)にクリーチャーかプレインズウォーカー1体の生け贄を強制させ、それができないプレイヤーはカードを1枚捨てさせます。

いわゆるハンデス(手札を捨てさせる)やコントロール(盤面を制御・制圧する)において役立つクリーチャーですので、デッキ構築の上で覚えておいて損はありません。

朽ちゆくレギサウルス

毎ターン、ドロー(デッキから手札を引く)の前に手札を1枚捨てる必要を迫られますが、たったの黒、計3マナで7/6という驚きの高ステータスを誇ります。

デメリット以外の能力は持ちませんが、手札を意図的に捨てることで墓地利用を狙ったり、またグレートヘンジを最速の緑2マナで落着させたりすることもできます。

参考:グレートヘンジ↓

血に飢えた曲芸師

アジャニの群れ仲間を黒の3マナに変えて、飛行を持たせたクリーチャーです。

初期ステータスもショック1枚では焼かれない程度にはアップしています。

シンプルですが、飛行と初期ステータスの高さにより、相手からするとより除去し辛くなっています。

白黒デッキでライフを得る手段が豊富にある場合は、アジャニの群れ仲間共々(ともども)採用するのはもはや定番というか、様式美(ようしきび)になっています。

残忍な騎士

召喚マナ・コストと同じコストで出来事として唱えられ、自身が2点のライフを失う代わりにクリーチャーかプレインズウォーカー1体を破壊できます。

クリーチャーとしての性能は、ステータスが2/3で絆魂(はんこん。与えたダメージ分、自分がライフを得る)を持ち、また死亡したときにライブラリー(デッキ)の一番下に置くという変わった能力があります。

ライブラリーを切り直すカードなどを利用すれば、再び引いて再利用するのも現実的です。

除去(出来事)としてはプレインズウォーカーも破壊できるため扱いやすいです。

真夜中の死神

トークン以外の自軍のクリーチャーが死亡するたびに、1点のライフロスを受けますが、デッキからカードを1枚引けます(強制能力)。

シンプルですが、黒単などでは自発的にクリーチャーを生け贄に捧げるカードなどが多数存在するので、盤面を支配しつつハンド・アドバンテージ(手札枚数の優位性)を稼げます。

自爆(ライフロスのし過ぎ)にだけは注意してください。

誓いを立てた騎士

場に出たときのステータスは4/4で、可能なら攻撃しなければなりません。

ダメージを受ける場合は、そのダメージを軽減(無効化して受けなくする)し、+1/+1カウンターを1つ取り除きます。

クセはありますが、最初はかなり強いですね。

チャンドラの吐火

赤マナの飛行持ち、クリーチャー・エレメンタルです。

なんといっても、戦闘以外で相手プレイヤーにダメージが与えられるたびに+3/+0の修整を受けられます(強制能力)。

災厄の行進と非常に相性がいいので、参考にしてください。

谷の商人

出来事としても唱えられ、その場合は赤1マナです。

召喚後も同じ能力を3マナで発動でき、手札交換を行えます(いわゆるルーター能力)。

早め早めに良い手札を揃えたいデッキで威力を発揮します。

有効活用してください。

ギャレンブルグの領主、ヨルヴォ

緑3マナで4/4のステータス、他のクリーチャーが出るたびに+1/+1、サイズアップします。

パワーが自身より大きいクリーチャー(そうそう出ない気がしますが)の場合はさらにサイズアップします。

緑3マナで4/4の時点で十分な強さを持つのに、それ以上にパワーアップする強力クリーチャーです。

ただ、伝説なので戦場には1枚までしか残しておけません。

そこだけは注意してください。

打ち壊すブロントドン

ステータスはやや高めで、1マナを支払い、このクリーチャーを生け贄に捧げることでアーティファクトかエンチャント1つを破壊できます。

シンプルな能力ですが、相手が強力なエンチャントなどを活用する際には、サイドボードに忍ばせておくと2戦目以降の対戦があるときに役立ちます。

恋煩いの野獣

出来事は緑の1マナで唱えられ、白の1/1の人間・クリーチャー・トークンを1体生成します。

1/1のクリーチャーをコントロールしていないと攻撃できないデメリット(ただし、出来事とはむっちゃ噛み合っていますね)はありますが、3マナで5/5は破格のステータスです。

攻撃できずとも、ブロックはできますので、そのあたりも有用です。

 

次は多色の3マナクリーチャーを紹介したいですね。

ありがとうございました!

ABOUT ME
書い人(かいと)
書い人(かいと)
MTGアリーナの最前線を駆け抜けている管理人です。 強いデッキをたくさん作る予定ですので、よろしくお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です