デッキ紹介

【基本セット2021・赤単】『チャンドラの焼却者』デッキ【初心者向け構築・バーン】

樹上の草食獣
樹上の草食獣
シンプルで初心者にも動かしやすい、赤単色デッキの紹介だぞ!

インポート用データ

平均マナ・コストは3.0、土地は山のみを24枚採用しています。

デッキ
4 ショック (M21) 159
24 山 (IKO) 271
4 危険因子 (GRN) 113
4 チャンドラの焼却者 (M21) 136
4 チャンドラの螺旋炎 (WAR) 120
4 殺戮の火 (ELD) 143
4 砕骨の巨人 (ELD) 115
4 批判家刺殺 (RNA) 115
4 正確な稲妻 (GRN) 267
4 炎の氾濫 (IKO) 117

チャンドラの焼却者について

ゲームの流れとしては火力呪文(バーンカード)でひたすら相手の盤面(クリーチャー、プレインズウォーカーなど)を焼き払い、その後余裕があればチャンドラの焼却者を場に出します。

かなりシンプルな動きなので、そこまで特筆しなければいけない説明はないかと思われます。

チャンドラの焼却者の能力は以下、

この呪文を唱えるためのコストはX少なくなる。Xはこのターンに対戦相手が受けた戦闘ダメージでないダメージの点数の合計に等しい。

トランプル(貫通ダメージ)

あなたがコントロールしている発生源が対戦相手1人に戦闘ダメージでないダメージを与えるたび、そのプレイヤーがコントロールしているクリーチャー1体かプレインズウォーカー1体を対象とする。チャンドラの焼却者はそれに、その点数に等しい点数のダメージを与える。

1ターンの間に5点以上のダメージ(戦闘ダメージ以外)を相手のプレイヤーに与えていた場合、赤の1マナで唱えられるわけです(強い! このデッキでは殺戮の火とかの4点ダメージなどが多いですけどね。あとは、ショック→批判家刺殺の流れが通れば最速の3マナで唱えられます)。

3番目(最後)の能力も、盤面制圧としては非常に優秀な性能。

上手く活用してみてください。

入れ替え候補カード

プレインズウォーカーのチャンドラが操る(?)クリーチャー・エレメンタルたちです。

いずれも戦闘ダメージではないダメージが対戦相手(相手プレイヤー)に与えられるたびに強化されます。

全然別のデッキになるかもしれないので、採用はしていません(全然別のデッキができたら、また紹介しますね)。

ありがとうございました。

ABOUT ME
書い人(かいと)
書い人(かいと)
MTGアリーナの最前線を駆け抜けている管理人です。 強いデッキをたくさん作る予定ですので、よろしくお願いします!