デッキ紹介

【基本セット2021・白赤】『高山の犬師』デッキ【犬は好きか?】

樹上の草食獣
樹上の草食獣
大量にワンちゃんを並べて、攻撃だ!!

今回はクリーチャー・犬を何体も並べるビートダウン(打ちのめし)デッキを紹介します。

突出して強いわけではありませんが、動きに安定感があり初心者に特におすすめのデッキです。

インポート用データ

平均マナ・コストは2.1、土地は24枚採用。

例によって例のごとく、2色土地などは各自で調整してください。

デッキ
4 炎血の野犬 (M21) 153
6 山 (IKO) 271
4 高山の犬師 (M21) 215
8 平地 (IKO) 262
4 無私の救助犬 (M21) 36
4 群れを導くもの (M21) 29
4 高山の番犬 (M21) 2
2 凱旋の神殿 (M20) 257
3 聖なる鋳造所 (GRN) 254
1 凱旋の神殿 (M21) 256
4 風に削られた岩山 (IKO) 258
4 死の国の憤怒犬 (THB) 163
4 雷光の猟犬 (M21) 131
4 バスリ・ケト (M21) 7
4 チャンドラのマグムット (M21) 137

注目カード

デッキのカードを全部紹介するとキリがないので、抜粋します。

バスリ・ケトは白の3マナ(ダブルシンボル)のぶっちゃけ犬が関係ないけど、このデッキともよく噛み合う優秀な汎用型プレインズウォーカーです。

能力は以下、

+1:クリーチャー最大1体を対象とし、それの上に+1/+1カウンターを1個置く。ターン終了時まで、それは破壊不能を得る。

-2:このターン、トークンでないクリーチャーが1体以上攻撃するたび、その数に等しい数の白の1/1の兵士・クリーチャー・トークンをタップ状態かつ攻撃している状態で生成する。

-6:あなたは「あなたのターンの戦闘の開始時に、白の1/1の兵士・クリーチャー・トークンを1体生成し、その後あなたがコントロールしている各クリーチャーの上に+1/+1カウンターをそれぞれ1個置く。」を持つ紋章を得る。

非常に柔軟な能力を持っていますね。

強力すぎるわけではないけれど、3マナ、初期忠誠度3のプレインズウォーカーとしては十分。

よくわからん方は、とりあえず使ってみてください。

高山の犬師も犬ではなく人間・戦士ですが、

高山の犬師が戦場に出たとき、あなたは「あなたのライブラリーから、『高山の番犬』という名前のカード1枚か、『炎血の野犬』という名前のカード1枚か、その両方を探し、公開し、あなたの手札に加え、その後あなたのライブラリーを切り直す。」を選んでもよい。

高山の犬師が攻撃するたび、ターン終了時まで、これは+X/+0の修整を受ける。Xは他の攻撃クリーチャーの総数に等しい。

という能力を持ちます。

2マナで戦場に出すだけで指定された2枚のクリーチャー・カードを狙って手札に加えられるのと、戦闘時のパワーアップ能力(タフネスは上がらないので、工夫して戦ってください)。

群れを導くものは、白の2マナで唱えられ、2/2、優秀な能力を2つ持っている極めて優秀なクリーチャーですね(犬デッキじゃないとあまり役に立たないから、調整は上手くされている)。

能力は、

他の、あなたがコントロールしている犬は+1/+1の修整を受ける。

群れを導くものが攻撃するたび、このターン、あなたがコントロールしている犬が受ける戦闘ダメージをすべて軽減する。

犬の全体強化と、戦闘ダメージの軽減(戦闘ではダメージを受けなくなる)。

このデッキでは入れない理由がないですね。

無私の救助犬は白の1マナで唱えられ、このクリーチャーを生け贄に捧げることで、他に追加コストなしで他の自分のクリーチャー1体に破壊不能を付与します。

他のデッキでもあれこれ使えるので、試してみてください。

このデッキの弱点・まとめ

蘇生(リアニメイト)手段がほぼないので、全体除去を喰らうと立て直しが厳しい。

アグロ(速攻)にしてはやや展開遅いので、引きが悪いと負ける。

盤石さがもう少し欲しいところ。

ありがとうございました。

ABOUT ME
書い人(かいと)
書い人(かいと)
MTGアリーナの最前線を駆け抜けている管理人です。 強いデッキをたくさん作る予定ですので、よろしくお願いします!