カード紹介

【100記事記念】現在の環境で強いカードを紹介する【基本セット2021まで】

今回は100記事到達記念ということで、現在のスタンダード環境で『これだけは知っておけ』といえるであろう強力カードたちを紹介していきます。

(かなり独断と偏見だけど。「私の好きなカードが入っていない!」とかあったらなんかすみません)

今までのデッキで紹介したカードもたくさん含むので、けっこう新規さん向けの記事になります。

始めから強力さがウリなプレインズウォーカー・カードや、禁止になったカードは紹介しませんので、あしからず。

またカード紹介という都合上、そこまでデッキの構築やコンボについては書きませんので各自で組んで考えたり他の記事を見るなどしてくださいね。

光明の繁殖蛾(超音速女王、モスラ)

飛行
あなたがコントロールしていて飛行を持たないクリーチャーが1体死亡するたび、それをオーナーのコントロール下で飛行カウンターが1個置かれた状態で戦場に戻す

飛行を持たないクリーチャーが死亡した場合、飛行を持たせてそのまま戦場に戻します。

コンボなり自爆特攻をさせるなりで、非常に強いデッキになる可能性がありますね。

抽象からの抽出

あなたのライブラリーの一番上からカードを7枚見る。そのうち2枚をあなたの手札に加え、残りをあなたのライブラリーの一番下に無作為の順番で置く。

紹介するか若干考えましたが、管理人がお世話になったカードなので紹介します。

コンボデッキで役に立つカードですね。好きなカード(コンボパーツなど)が揃えやすくなります。

類似カードにはタッサの介入などがあります。

忘れられた神々の僧侶

タップ, 他のクリーチャー2体を生け贄に捧げる:望む数のプレイヤーを対象とする。それらのプレイヤーはそれぞれ、2点のライフを失いクリーチャー1体を生け贄に捧げる。あなたは黒2マナを加えカードを1枚引く。

他のクリーチャーを生け贄にすることで、強力な能力を発動します。

構築デッキはこちら『【イコリア・白黒】『イコリア・アリストクラッツ』デッキ』を参考にしてください。

残忍な騎士(迅速な終わり)

インスタントとしては、

クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体を対象とし、それを破壊する。あなたは2点のライフを失う。(その後、このカードを追放する。あなたは後で追放領域からこのクリーチャーを唱えてもよい。)

という能力を持ち、クリーチャーとしては、

絆魂(このクリーチャーがダメージを与えると、さらにあなたはその点数分のライフを得る。)
残忍な騎士が死亡したとき、これをオーナーのライブラリーの一番下に置く。

という能力を持ちます。

インスタントとして唱えたあとクリーチャーとして攻撃すれば失ったライフを回収できますし、なによりクリーチャーとプレインズウォーカーを好きに選んで破壊できる(迅速な終わり)のが強いです。

黒寄りの構築では、非常によく使われる1枚です。

薄暮薔薇の棘、ヴィト

あなたがライフを得るたび、対戦相手1人を対象とする。そのプレイヤーはその点数に等しい点数のライフを失う。
3マナ+黒2マナ:ターン終了時まで、あなたがコントロールしているクリーチャーは絆魂を得る。

自分がライフを得れば得るほど、相手にダメージが飛ぶ嫌な奴です(笑)。

回生+会稽(特に会稽部分)のロマンコンボなども考えられます。

おまけデッキリスト画像です↓

また、黒の5マナで自軍クリーチャーに絆魂付与という能力もあるのでマナさえあれば強力です。

災厄の行進

あなたがコントロールしていてパワーが1以下であるクリーチャーが1体攻撃するたび、災厄の行進はそのクリーチャーが攻撃しているプレイヤーやプレインズウォーカーに1点のダメージを与える。

主に赤単アグロ(速攻型デッキ)などのバーン(戦闘以外のダメージ)によるコンボギミックなどで役立ちます。

チャンドラの吐火などとのコンボですね。

詳しくはこちら『エレメンタル災厄の行進デッキ』などを参考にしてください。

サイト上部にも災厄の行進デッキについて解説した記事を載せています。

荒野の再生

あなたの終了ステップの開始時に、あなたがコントロールしている土地をすべてアンタップする。

という能力のエンチャント・カードです。

相手のターンに瞬速持ちやインスタント・カードを唱えまくるデッキ構築でも使えますし、2枚以上出している場合はターンの終わり際に大量にマナを使用するなどができます。

ジンジャーブルート、きらきらするすべて

速攻
1マナ:このターン、ジンジャーブルートは、速攻を持つクリーチャーによってしかブロックされない。
2マナ, タップ, ジンジャーブルートを生け贄に捧げる:あなたは3点のライフを得る。

前述の災厄の行進デッキでも使われることのある、優秀な性能のアーティファクト・クリーチャーになります。

すぐにだしてすぐに攻撃ができるのが一番の魅力です。

きらきらするすべてと組み合わせて(主にアーティファクトデッキで使用)も強い!

影槍

装備しているクリーチャーは+1/+1の修整を受けトランプルと絆魂を持つ。
1マナ:ターン終了時まで、対戦相手がコントロールしているパーマネントは呪禁と破壊不能を失う。
装備2マナ

装備したクリーチャーに、微弱なサイズ修整・強化と、トランプル(貫通ダメージ)と絆魂(ライフゲイン)を付与する伝説(戦場に1つまでしか残せない)のアーティファクトです。

1マナ支払えば、対戦相手の呪禁と破壊不能を失わせます。

石とぐろの海蛇

到達、トランプル、プロテクション(多色)
石とぐろの海蛇は、+1/+1カウンターがX個置かれた状態で戦場に出る。

好きなだけマナを注ぎ込んで、好きなサイズのクリーチャーにできます。

到達(飛行クリーチャーをブロックできる)、トランプル(貫通ダメージ)、多色からのプロテクション(多色カードからは能力の対象になったりしないなど、ほぼいろいろ万能防御)の3種の能力まで持っています。

1マナから場に出せる器用さもあり、イコリアの変容クリーチャーの変容先にしても+1/+1カウンターがそのまま残るので強力ですね。

夢の巣のルールス

相棒 ― あなたの開始時のデッキに入っている各パーマネント・カードが、それぞれ点数で見たマナ・コストが2以下であること。(このカードがあなたの選んだ相棒であるなら、あなたはあなたがソーサリーを唱えられるときならいつでも3マナを支払うことでゲームの外部からこれをあなたの手札に加えてもよい。)
※相棒のルールについて、印刷時から変更がありました。

絆魂
あなたの各ターンの間、あなたはあなたの墓地から点数で見たマナ・コストが2以下のパーマネント・呪文を1つ唱えてもよい。

相棒は事実上の弱体化を喰らっています(最初は条件を満たせば1度だけゲーム外部から唱えられた、事実上の手札が+1枚)が、それでも強力さが残るクリーチャーです。

接死持ちクリーチャーを何度も墓地から蘇らせたり(リアニメイト)、マイナス修整のオーラなどを何回も唱えたりするのが快感強力です。

夢さらい

飛行、絆魂
あなたがカードを1枚引くたび、ターン終了時まで、夢さらいは+1/+0の修整を受ける。
夢さらいが攻撃するたび、カードを1枚引く。
カード1枚を捨てる:ターン終了時まで、夢さらいは呪禁を得る。これをタップする。

場に出してしまえば、非常に場持ちのいい(除去されづらい)クリーチャー・カードになります。

白青の計6マナと重いので、輝かしい活躍をさせるには工夫が必要ですね。

まとめ あとは、構築の腕前次第

書いているうちにとりあえず2デッキほど構成が思い浮かんだので、作っていきたいですね(紹介できる域までになるかはさておきますが)。

ここで紹介しなかったカードでも組み合わせ次第で強いカードはたくさんあるので、たくさん遊んで、見極めるといいはずです。

ありがとうございました!

ABOUT ME
書い人(かいと)
書い人(かいと)
MTGアリーナの最前線を駆け抜けている管理人です。 強いデッキをたくさん作る予定ですので、よろしくお願いします!